コミュニケーションが上手く取れない部下さんとの対処法 管理職15年の私から3つのポイントお伝え

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

部下さんと日々対話しているなかで、スムーズに報告・連絡・相談してくれるタイプのひとだと、とても助かりますが、こちらから聞き出さないことには、なかなか情報を出してくれないタイプのひともいます。

そんなときに私が心がけている対処法。ご紹介します。

コミュニケーションが上手くとれない部下さんとの対処法 3つのポイント

まずはポイント3つについて。

ココがポイント

  1. 報告・連絡・相談の大切さを伝えつつ、それがスムーズにできないことを責めない
  2. 聞き出すことによって、本人の思考を整理できることもある
  3. 持っている得意を尊重し、愛情で接する

さらに詳しくお伝えします。

報告・連絡・相談の大切さを伝えつつ、それがスムーズにできないことを責めない

報告・連絡・相談(報連相)って、仕事の場においてはとても大切…日々仕事をしているとあらためて実感するものです。

上司としては、そのアクションを常に待ち焦がれているのですが、部下さんの気質によってはなかなかスムーズにできないこともある。

なんで報告してくれないの。
なんで相談してくれないの。

ついつい責めてしまいがちですが、そこはぐっと堪えて責めない。

ただし、「報連相って大切だよね」ってことは伝え続けます。

聞き出すことによって、本人の思考を整理できることもある

こうしたタイプの部下さんは、発信が苦手だけれど受信は素直に受け止めてくれたりします。

これについてはどう思うかしら?
この前質問した件だけれど、どんな塩梅かな?

私から投げかけの言葉を伝えて、考えを聞き出す。

おそらく、その手順でご本人も思考の整理ができるのかもしれません。

「ちゃんと報連相してね」って押し付けるんではなくって、教えてもらう。上司側のスタンスを変えればいいのです。

持っている得意を尊重し、愛情で接する

ひとって、苦手なこともあれば得意なこともある。

コミュニケーションが得意であれば円滑にいくことが多いですが、苦手なひともいる。

でもね。

そのひとの得意は必ずどこかにあって、そこをドンドン発揮してもらえばよし。

「あなたはこれができないよね」じゃなくて、「あなたのここがいいよね」
って得意を尊重して、愛情で接する。

そうしたらきっと「自分は報連相苦手だけれど、もうちょと頑張ろう」って部下さん自ら気づいてくれたりします。

最後にひとこと

本音を言わせてもらうならば、報連相がスムーズな部下さんはとても助かる。

でも、そうでない部下さんとも、分け隔てなく寄り添っていきたい。

様々な個性があってこそ、チームとは活性化するものです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら