【休日最終日の過ごし方】会社員36年の私がやっている「コツ3箇条」

広告

こんにちは。会社員36年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

楽しかった休日も終わり、明日からまた会社だーーというとき。

どんなふうに過ごすとよいか?
もう、数え切れないくらいそんな「切ない休日最終日」を迎えてきた私から"コツ3箇条"をご紹介します。

休日最終日の過ごし方 3箇条

まずは3つのポイントについて。

ココがポイント

  • 休日最終日、ではなく、単なる1日なのだと捉える
  • 最後の時間まで、とにかく思いっきり楽しむ
  • 仕事にいくと出会える「ワクワクな風景」を思い描く

さらに詳しくお伝えします。

第1箇条:休日最終日、ではなく、単なる1日なのだと捉える

この記事を書いているのは連休の最終日です。楽しかったお休みもあっという間に終わってしまい、明日からまた仕事…憂鬱になってしまうのは仕方ないもの。

でもね。

今日は「休日最終日」と意識せずに、単なる長い人生のなかの1日なのだと捉えればよし。

昨日の1日、今日の1日、明日の1日、明後日の1日、ずっと繰り返される毎日。たまたま休みだっただけなのです。

第2箇条:最後の時間まで、とにかく思いっきり楽しむ

休日最終日ともなると、翌日からの仕事のことをつい、気にしてしまい「あれもこれもやらないと…」みたいに悶々しがち。

でもね。

そんなこと今気にしたって詮無い。仕事が始まったときにしっかり取り組めばいいのです。

とにかく休日最終日の夜寝るときまでの時間、仕事のことは一切気にせず、思いっきり楽しみましょ。

第3箇条:仕事に行くと出会える、ワクワクの風景を思い描く

仕事に行くと出会える、ワクワクの風景ってありませんか?

私の場合は、青空のなかに溶け込んでいるビル群の風景。

とくに根拠もないのですが、この景色を見るとなんだか嬉しくなってくる。

休みの日だったら見えないけれど、仕事をしていれば見える。

そんな風景を思い描いていると、また明日から楽しみだわぁって思えてきます。

「元のルーティンに戻す」のに、エネルギーをポジティブに使う

会社員生活をしていると、普段は月〜金の週5日勤務して、土日の2日間休む。
この「ルーティン」をずーーっと繰り返しますが、連休や長期休暇になると、この「リズム」がいったんはリセットされてしまう。

すると「元のルーティンに戻す」のに、なかなかにエネルギーが必要。

「あーあ。仕事に行くのイヤだなー」と捉えてしまうと、そのエネルギーをネガティブな方向に使わねばならないけれど

「また仕事が始まるの楽しみー」って考えを向けるようにすれば、エネルギーをポジティブに使うことができるのです。

最後にひとこと

あー明日から仕事だー。そんなときに。

この記事が参考になったら幸いです。

ちなみに、休み明けは服装もかなり明るめなものを選ぶようにしていて、私の場合よく登場するのが、紫のスボン。

これを着ていくだけで、なかなかに気合が入ります(笑)

一部上場企業にて女性管理職16年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら