【箱根富士屋ホテル】140余年受け継がれている和洋融合の佇まい 紅葉時期がオススメ、日帰りでも楽しめる

広告

こんにちは。神奈川県の観光地「箱根」が好きで、月に1回は出かけている ねーさん(@nesan_blogger)です。

今回は、創業以来140余年の歴史が受け継がれている、箱根宮ノ下の「箱根富士屋ホテル」をご紹介。

ちょうど紅葉時期に日帰りで訪れてきましたので、建物や景色の画像とともにお伝えします。

箱根富士屋ホテル 景観と4つの建物

このホテルは、約2年間の耐震補強及び改修工事を経て、2020年7月15日にリニューアルグランドオープンしました。7,602坪の広大な敷地を擁しています。

ホテルへのアクセス方法は後ほど書きますが、箱根駅伝のコースでもある国道1号線に面しています。

道路沿いのエントランス看板。

正面入り口に向かうのには、赤い欄干が印象的な階段を上っていきます。

上りきったところが本館。

明治24年(1891年)建築。富士屋ホテルで現役の最古の建物。
社寺建築を思わせる瓦葺屋根と唐破風の玄関が特徴で、永い時を経て、今も富士屋ホテルの顔であり続けています。和と洋が融合されたしつらえに、富士屋ホテル独特の雰囲気を味わいいただけます
ー富士屋ホテル ウェブページより引用

本館の左手にあるのが「西洋館」

明治期の洋風建築の典型ともいわれる天井や軒、階段の装飾、鎧戸付きの上げ下げ窓などが特徴。コチラは明治39年(1906年)建築。

本館・西洋館は並んでいますが、向かい側には「花御殿」があります。

竜宮城を思わせるような雅やかな佇まいは、富士屋ホテル建築の集大成であり、箱根のシンボルともいわれています。昭和11年(1936年)建築。

本館の奥、高台に建っているのが、いちばん新しい「フォレスト・ウイング」

昭和35年(1960年)建築。他の3つの建物に比べてモダンな雰囲気。

それぞれの館ごとに宿泊するお部屋の特徴も異なっているのも趣深い。今回は日帰りで景観と食事を楽しむのみでしたが、次回は是非宿泊してみたいです。

富士屋ホテル 客室

館内の様子とレストラン

本館の廊下。左右には創業時の記念品などが展示されていてレトロな雰囲気が楽しめる。

本館フロント。カウンターの見事な彫刻に魅せられます。

本館とフォレスト・ウイングに繋がる通路には、これまでのホテルの歴史が描写された絵画が展示されていて、1枚ずつ眺めるのも楽しい。

レストラン:メインダイニングルーム・ザ・フジヤ

館内のレストランは3箇所ありますが、フレンチの「メインダイニングルーム・ザ・フジヤ」でランチをいただきました。

ウェブや電話での予約も可能ですが、私が訪れたのは連休の中日だったせいか、13時ごろだと待たずに着席できました。

古き佳き明治文化の薫りを漂わせているエントランス。

客席もクラシカルな雰囲気。

日本アルプスの高山植物636種が描かれた、高さ6メートルの折り上げ格天井。

窓際席からは、山や木々の見事な景色が望めます。

ホテル特製のお皿。左上が富士山、右下がホテルの建物、それぞれのイラストがあしらわれている。

コースメニューではなく、アラカルトにしました。

オードブル盛り合わせ。3,509円(税、サービス料別、2020年11月現在)海の幸や山の幸を使っての一口サイズのパテが絶品。

舌平目のグラタン。4,590円(税、サービス料別、2020年11月現在)濃厚なクリームソースとチーズが、あっさりとした舌平目にベストマッチ。

アラカルトにもパンが付いてきます。

夫はあと一品頼んで、2人分でなかなかのお値段ではありましたが、お料理の美味しさやお店の方々の温かいおもてなしに、お値段以上の満足です。

箱根富士屋ホテル 行き方

箱根方面は土日祝日はつねに大渋滞なので、電車で行くのがよいです。

東京都内、小田急線新宿駅から箱根湯本駅までは「特急ロマンスカー」利用で1時間15分ほど(列車によって異なる)ICカード利用運賃1,211円+特急料金1,110円です。※2020年11月現在

ロマンスカー時刻表

箱根湯本駅から箱根登山鉄道に乗って3駅目(約25分)「宮ノ下駅」が最寄。運賃は420円。箱根登山鉄道は本数があまりないので、時刻表チェックをしながらお出かけください。

箱根登山鉄道 全駅時刻表

駅から坂を下っていくと国道1号線に出るので、そこから徒歩5分。

国道沿いに真っ直ぐ歩いていくとほどなく、左手にホテルの外観が見えてきます。

最後にひとこと

箱根には様々な観光スポットがありますが、日帰りでもホテルでゆったりと景色を眺めて食事を楽しむのには、富士屋ホテルはオススメです。

お土産に、ベーカリー&スイーツショップ「PICOT」でホテルオリジナルのパンを買って帰ることもできます。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら