管理職であっても現場業務の勘所は大切 久しぶりの業務実施機会に感謝

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

管理職になると、現場業務を自分で実施することが少なくなってきます。
かつてはガツガツやっていたけれど、管理する立場になってくるとつい「現場感覚」を失ってしまいがち。

たまたまあるプロジェクトで、役職問わず全員総力で取り組む必要が出てきて、久しぶりの業務実施機会に恵まれました。

あらためて感じたことは「現場業務の勘所は大切」

ご紹介します。

管理に注力してしまうと、現場感覚が疎かになる

現場を回すひとと、それを管理するひと。

とくに企業組織においてはそれぞれの役割分担を全うすることで、円滑に物事が進められるものです。

とはいえ、つい管理側の立場に注力してしまうと、現場感覚が疎かになってしまいがち。
長年管理職をやってきている私は、かなり感度が鈍ってきているかもしれません。

実際に今回のプロジェクトで業務実施担当者をやってみたら、お恥ずかしいことにマゴつくこと多々。
なんだか部下さんたちに申し訳なくなってきてしまいました。

現場実施で達成感が蘇った

管理職の立場となって得られるものはたくさんありますが、そもそもは現場から叩き上げでこのポジションに至った私。

ガツガツやることが好きなのです。

久しぶりの業務実施担当。一つ一つ課題をクリアにして、プロジェクトメンバーと一喜一憂しながら、その行方を見守って…そんな現場感覚に、忘れていた達成感が蘇ってきました。

正直最初は、めんどくさいなー、もう実施担当はできないなー、などと後ろ向きに捉えてしまっていたのですが、やってみたら楽しい。

なんとしてもプロジェクト成功に、みんなで力を合わせよう。

向く方向が前へとシフトチェンジしました。

勘所を取り戻すことが大切

あらためて気づいたこと。

管理側は、ともすると「上から目線」だけで部下さんたちに指示してしまいがち。

自分自身が当事者として汗かいて達成して。そんな勘所を時々取り戻さないことには、みんなの上に立ち続ける資格もない。

机上の空論を述べるような上司は必要ないのです。

現場の肌感覚があればこそ、メンバーさんたちの苦労も自分ごととして実感できるのよね。

最後にひとこと

青息吐息でなんとかみんなに付いていこうと頑張って。ときには部下さんたちに「ねーさん、ちょっとここ足りてないでしょ」と愛の鞭もらって(笑)

まだまだゴールは先だけれど、心の底からパワーが湧いてきます。

なによりも。

そんな機会を与え得てくれた我が勤務先に感謝。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら