目標設定面談はコミュニケーション 管理職15年の私が気をつけている、3つのポイントをご紹介

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

管理職の役割のなかでも、最も大切だと私が考えているのが部下さんとの目標設定面談。
各企業でその方法は様々なのでしょうが、根本はコミュニケーションの場であるということ。

その際に気をつけていることについて、ご紹介します。

目標設定面談 3つのポイント

まずは、目標設定面談のポイント。

巷間言われているテクニカルな面はさておき、私が携わってきて大切だなぁと感じている3点をお伝えします。

ココがポイント

  1. 一人一人の考えをじっくり聴く、貴重なコミュニケーションの場である
  2. 本人が書いてきたことを否定せず、言葉の奥にあることを面談で確かめる
  3. 目標の先には、どんなキャリアビジョンを描いているのかを教えてもらう

さらに詳しく書きます。

一人一人の考えをじっくり聴く、貴重なコミュニケーションの場

普段から1on1面談などを通してコミュニケーションを図るように努めるものの、「目標設定」にフォーカスしての面談は、さらにメンバーたちの率直な考えを聴くことのできる、貴重な場です。

目標設定をしてレビューをして最終的には個々の業績評価(昇給)へと繋がっていく。

どうしたら評価してもらえるのだろう。どうしたら評価してあげられるのだろう。被評価者も評価者も真剣です。

大げさかもしれませんが、部下さん一人一人の生活がかかっている。それくらいの覚悟を以って聴く側が取り組むべきと思っています。

本人が書いてきたことを否定せず、言葉の奥にあることを確かめる

目標設定のフォーマットが我が勤務先にも設定されています。

そこに書かれてあること。作文が上手な部下さんもいれば、やや苦手な部下さんもいます。
つい「頑張ります」ってな、感情面のアピールが前面に出てしまうタイプも。

教科書的には、数値化で明確にしましょう…とアドバイスされていることも見受けますが、私はこの点は重視しません

仕事には数値化できることとそうでないことがある。
作文が拙かったとしても否定せず、書いてある言葉の奥にはどんな思いがあるのだろう。そこを面談で確かめることに注力します。

目標の先には、どんなキャリアビジョンを描いているのか

さらに、フォーマットに沿って書いてくれた目標そのものだけでなく、その先にはどんなキャリアビジョンを描いているのか。

これは、対話をしないことにはキャッチアップができません。

  • 今のプロジェクトを頑張りたい
  • リーダーになりたい
  • 会社全体の核になれるようなポジションを目指したい

…etc.

どれがいいとかそうでないとかじゃなしに、一つ一つのビジョンが尊いのです。

管理職はそのゴールに向けて、懸命に旗振り役を努めるのが責務なのよね。

企業人としては、利益をあげることも大切

とはいえ。

企業とは利益をあげて世の中に貢献するのが使命でもあります。
個人の成長だけでなく、このことも忘れてはなりません。

目標があまりに自分ファースト目線に陥ってしまっているようなときは、企業人として大切なこともしっかり意識してね。とアドバイスするようにします。

最後にひとこと

毎年、目標設定面談の際には緊張してしまう。

私は会社のトップではないので、最終判断はトップに委ねることになりますが、間に立つ自分が懸命に向き合わないことには、トップにも伝わらないのです。

ほんの1時間ほどの場ではありますが、話を聴けてよかった。ありがたいなぁ。
その思いを上に伝え得ることが私の責任だと心しています。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら