「ゴッホ展ー巡りゆく日本の夢」 ユートピアとして日本に思いを馳せた ゴッホの精神世界

昨日は、ワタシが学んでいる「樺沢塾」のイベントで、東京都美術館で開催中の「ゴッホ展―巡りゆく日本の夢」を鑑賞してきました。

前回の「ボストン美術館至宝展」でゴッホ作品を拝見し、その精神世界について、樺沢紫苑先生から解説いただきました。
よろしければコチラの記事もお読みください。

今回は、ゴッホが日本に憧れていたという、ジャポニズムに溢れる作品を始めとして、多大な影響をおよぼしたとされる数々の浮世絵や、没後に多くの日本人が巡礼に訪れたという芳名録などの展示が満載です。

ゴッホと浮世絵

ゴッホがパリに移り住んでいた、1880年ごろ。様々絵画表現を模索してゆくなかで、大きな影響を及ぼしたのが浮世絵であったそうです。

浮世絵を紹介している当時・フランスの雑誌の表紙を模写して、油絵で表現。向きが左右反対になっているのは、鏡のように見ていたからとのこと。

原画は、溪斎英泉作「花魁」。
溪斎英泉の渋い色合いに対し、ゴッホの鮮やかな色合いの対比が印象的です。花魁の表情もどことなく西洋風なところが微笑ましい。

日本への思いは、ゴッホにとって、創作の源。彼が想像する日本という国は憧れのユートピアであったようです。

浮世絵というのは本当に偉大なのだとあらためて感銘です。

ゴッホの心

心の問題をかかえるようになっていったゴッホは人恋しさが募り、ルームシェアをOKしてくれたゴーギャンとの共同生活を始めます。

そのときに描かれたという「寝室」。

パステル調でほっこりした色合いが、一見、その喜びを示しているようにも思えますが、なんとも作図が歪んでいる。複雑な心理が想像できる一枚です。

残念ながらゴーギャンとの同居も長続きせず、その後、自分の耳を切り取ってしまったり、精神科病棟で療養したり・・・心の問題がどんどん大きくなっていったようです。

そんななかでも必死に絵を描き続けた。
晩年の作である「ポプラ林の中の二人」。佇んでいる二人の男女と思われる人物には顔がなく足元も儚げで、その苦悩が滲み出ているように思えました。

日本人のゴッホ巡礼

ゴッホの晩年に交流のあった、医師・ガシェのもとには、そのつてを辿って多くの日本人が訪れたそうです。

その芳名録にはさまざまな著名人が記帳されていて、訪れた日本人画家が描いた関連作品も、展示されています。

浮世絵の影響だけでなく、没後に多くの日本人が巡礼するにいたる。

日本と、とてもゆかりの深いゴッホ。あらためて、その作品と人生に敬服です。

今日の一言

それまで趣味で美術館に行くことはしばしばありました。絵画にとても詳しいとはいいがたいワタシが絵を語るのはおこがましく恐縮ですが、

師匠やお仲間とともに鑑賞し、画家の精神世界やその時代背景を知ることで、より深く理解ができることはとても楽しい。

美術館には「音声ガイド」という有料のサービスがあります。
これを聴きながら鑑賞するのがなおよい。と樺沢先生から教えていただき、今回から利用しました。

単に作品とその横にある解説を読むだけでなく、その世界を多面的に感じることができる。音声ガイドは必須!

そんな楽しいイベントにも参加できるオンラインビジネスサロン「樺沢塾
是非おすすめですw

東京都美術館「ゴッホ展ー巡りゆく日本の夢」は1月8日まで開催中です。

東京都台東区上野公園8-36

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆100年ライフサポーター/ブロガー/いろいろ学び人☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら