久しぶりに江ノ島に遊びに行ってきた 心の曇りが晴れてきたら写真も楽しく撮れるのかな

広告

快晴の土曜日。息子が一年振りにバイトに出かけたため、私たち夫婦も一年振りに遊びに出かけることができました。行く先は江ノ島。

見る景色も素晴らしく、お酒やお料理も美味しく、それこそ"快晴"な気持ちで過ごせます。

不思議なことに、写真も上手に撮れたように思えてくる。
ご紹介します。

ランチは、イルキャンティ ビーチェ

江ノ島水族館の手前にある、カジュアルなイタリアンレストラン「イルキャンティ ビーチェ」

地素材のシーフードを中心に、リーズナブルに美味しいお料理がいただけます。

ボトルワインもとてもお手頃。ちょっと辛口なロゼにしました。

オードブルは「湘南名物生しらすのカクテル」

名物の「ロングソーセージ」とにかく長い

他に肉、魚料理、ピザやパスタ、サラダなどの多彩なメニューがあり、どれも絶品です。

iL CHIANTI BEACHE
iL CHIANTI BEACHE
ジャンル:イタリア食堂
アクセス:小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅 徒歩1分
住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-3(地図

夕暮れ間近の富士山と海岸 心のシャッターもクリアに写せた一枚

遅めのランチだったため、お店を出ると夕暮れ近く。
目の前にどどーんと広がる富士山とその麓で静かに凪いでいる海岸。

夢中でシャッターを押し続けた私の心も、ありがたいことに一点の曇りもなく。

おかげさまで、良い一枚が撮れた。アイキャッチにしました。

江島神社にお礼

実は一年前もこの地を訪れていたのですが、その時は家族で大きな問題を抱えていた渦中でした。藁にもすがる思いで江島神社に参拝。

今回は、そのお礼参りをしてきました。

江ノ島の夜景

近年は、江ノ島山頂のサムエル・コッキング苑を中心に、夜のイルミネーションが演出されています。

付近の散歩道もライトアップしており、とてもロマンチック。

行って帰って8,000歩近く。良い運動になりました。

帰りも楽しい

一の鳥居を出ると、美味しそうな焼き物の匂い。
売店で缶チューハイ片手にイカ焼きをつまみながら、散歩後のリフレッシュ。

片瀬江ノ島の駅もライトアップしています。

帰りは小田急電鉄の特急「ロマンスカー」に乗りました。

最後にひとこと

美味しいお酒&お料理を堪能し、観光もでき、そして何より、満足のいく写真を撮ることができた。

写真って、心の投影でもあるんだろうな。

良い1日が過ごせました。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら