管理職としてもっとも大切だと私が思っていること【部下さんに優しく上司に厳しく】

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

私が管理職としてもっとも大切に思っていること。それは『部下さんに優しく上司に厳しく』です。
誰かから教えられたことというよりも、私の信念。

ご紹介します。

部下さんに優しく

部下さんに優しくとはどういうことなのか?
私が考えていることをお伝えします。

管理職の役割は様々あります。数字目標、人の管理、問題解決など。
最大のミッションは、やはり課せられた予算を達成すること。

では、そのために何をすればよいか?

業務実施する一人一人の部下さんが仕事にやりがいを持って自主的に楽しく取り組んでもらうこと。これに尽きます。

数字ありきではなく、メンバー全員のやりがい。数字は後からついてくるものです。

日々の業務をこなすのは本当に大変。

いつもありがとうね。
何か困っていることはないかしら?

そこに気を配って、問題を抱えていたら全力で解決へと手助けする。
これが管理職の責務だと私は思っています。

上司に厳しく

一方、対上司についてはかなり厳しくというのが、私のスタンス。

私は現在部長職ではありますが、もちろん上司がいます。
物事の最終判断は上司に委ねることも多いですが、いい加減な判断をしようものなら、真っ向勝負(笑)

現場を預かっている身としては、クライアントさんも部下さんもそれぞれの立場や思いをリスペクトした結果でないと納得ができません。

そこがブレていたら、誰もついてきてくれない。
そんなときは、ガンガン上司に物申しちゃう。
それでも「まぁまぁ」とか言われることもありますが、そういうの私、許せないのよ。

上に立つならば。

仮に理不尽なことを部下さんたちにお願いしなくてはならなかったとしても、説明責任があるのです。

上にペコペコ、下にトップダウンはもっともやってはいけないこと

周囲には「上にペコペコ、下にトップダウン」ってな管理職も存在しています。

それでも部下さんたちは、一生懸命ついていこうとしてくれる。
頭を下げるのならば、日々の業務を必死に取り組んでいる部下さんたちに対してでしょ。

ペコペコする先が間違ってる。
部下さんが相談してきたときには椅子に座っているくせに、上司がやってきたときは直立不動だったりして。

こんなの、もっともやってはいけないことだと思います。

誰のために自分は力を注ぐ必要があるのか?
上司ではなく部下さんのため。

男性とか女性とか関係なしに、人としてできること。

答えはシンプルです。

最後に一言

とにかく。

部下さんたちの笑顔を見守ることができる。
極論すれば、管理職の役割ってこれしかないとも言えます。

それを貫こうとして行動できる今の勤務先には、なんだかんだあっても感謝しないといけませんね。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら