【鶏海老肉団子鍋】鶏ひき肉・むきエビ・野菜があれば簡単に作れて、翌日も楽しめる

広告

寒くなってくると、鍋メニューが増えてきますよね。

水炊きだったり、シャブシャブだったり…それぞれバラエティがありますが、ちょっと変化をつけたいときに。

我が家でよく作っている「鶏海老団子鍋」を紹介します。

鶏海老団子鍋 オススメポイント

まず、このメニューのオススメポイントをお伝えします。

  • 鶏モモ挽き肉とムキ海老、およびテキトーな野菜があれば、すぐに作れる
  • ちょっと変わった鍋メニューとして楽しめる
  • 翌日に雑炊や煮込みうどんにも応用できる

さらに詳しく書きます。

鶏海老団子鍋 材料と下ごしらえ

基本的に何もかもテキトーなのが、私のcookingポリシー(笑)

とりあえず、スーパーで視界に入った野菜を買う。肉団子の材料は鶏肉ももひき肉とムキ海老。豆腐があってもよし。

【ポイント①「鶏モモ挽き肉」】
鶏ムネ挽き肉より、コクのある出汁が出ます。

ムキ海老を粗みじん切りで叩いて、ネギの粗みじん切りも加える。

調味料:料理酒、塩、コショウ、カタクリ粉。
【ポイント②コショウを加えると、団子の味そのものが引き締まります。】

材料と調味料(目分量)を全てボウルに入れて

しっかり練り合わせる

出汁は、水と少々の「市販つゆ」を加えて煮立たせます。我が家はカセットコンロで鍋を食べるので、先にガスレンジで沸騰させておくと時間短縮できます。

野菜を切り分けてバットに盛りつけます。

実食

鍋をカセットコンロにセットしたら、野菜を入れる。その後、鶏海老団子のネタをスプーンで適宜すくって鍋に投入します。

肉の色が変わったら食べごろです。

少し味が薄いと感じるときは、味ぽんや一味唐辛子を加える。海老のプリプリ感と鶏挽肉がベストマッチで美味しいです。

ちなみに、なぜ下敷きが新聞紙になっているかと言いますと…テーブルの汚れ対策なのです。
よろしければコチラの記事をどうぞ。

多めに作っておいて、翌日も楽しむ

鶏肉をはじめ、材料からも出汁が出ているので、〆に雑炊などで楽しむこともできます。我が家では多めに作っておいて残しておき、翌日にご飯やうどんを加えて次の展開。

一回作れば翌日も楽しめる、なかなかにありがたいメニューです。

今日の一言

「鶏団子」の材料として、スーパーの加工肉のところに売っていることもよく見受けますが、どうせなら自作の方が美味しい。

とても簡単なので、よろしければぜひお試しください。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら