家鍋はテーブルに新聞紙を広げる 後片付けがチョー楽ちん

広告

そろそろお鍋の季節。
我が家の鍋といえば、キーワードは"新聞紙"

その理由を紹介します。

飛び散り防止

グツグツいいながらハフハフ食べるのが、ナベの醍醐味。
しかーし。

何かと飛び散っちゃうのが悩みのタネ。そんなときは新聞紙が大活躍。我が家はカセットコンロ使用なので、こんなふうにやっています。

ダシはチョー手抜きで、市販のものが多し。

先に、ナベにダシを入れ、ガスレンジで温めておきます。

あとは、グツグツやるだけ

ダシが沸騰してきたら、カセットコンロに移して、あとはグツグツやるだけ。

キムチ鍋は、市販の出汁が便利。美味しく食べられます。

後片付けもチョー楽ちん

食べ終わったら、カセットコンロの周りを拭いて、新聞紙を片付ける。

もとのいつものテーブルに、ささっと早変わりです。

今日の一言

新聞紙。読むだけでなく、鍋やら焼き肉やら。とにかく、飛び散りを吸収してくれるのがありがたい。
何かと重宝しています。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら