【チョー簡単茹でトウモロコシ】レンチン4分 ポリ袋利用で洗い物要らず

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー28年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

夏の旬食材でもある「トウモロコシ」茹でて丸ごとガブっと食べるのが美味しいですよね。
とはいえ、一本の長さが20cmほどにも及ぶ。鍋に湯を沸かして茹でるのも手間がかかります。

そんなときにオススメなのが、ポリ袋利用でレンチンする方法。

ご紹介します。

チョー簡単茹でトウモロコシ ポイント

まず、このレシピのポイントについて。

ココがポイント

  1. ポリ袋に入れてレンチンするだけ。所用時間4分
  2. 洗い物要らず
  3. 茹で汁に旨味成分が出てしまうことなく食べられる

ねーさん

手間がかかってしまうとつい、億劫になっちゃうのよねー

この方法だと、簡単手早く美味しい「茹でトウモロコシ」が楽しめるのです。

チョー簡単茹でトウモロコシ 作り方

次に、作り方。

トウモロコシは旬の時期になると、スーパーで安売りをしていることが多くて嬉しい。

ゴールドラッシュ」というスイートコーン品種が、近所のスーパーで1本98円(税別)で売られていました。

最近の商品は「ヒゲ」がある程度とってあって便利です。

皮を剥いて茎を手でポキッと折ってそのまま、ポリ袋に入れる。

電子レンジ600Wで4分セット。

2分経ったら途中で開けてひっくり返し

さらに加熱。600W4分で十分に仕上がります。

チョー簡単茹でトウモロコシ 注意点

加熱直後は熱くなっているので、ふきんなどを使って取り出してください。

ちなみに、スーパーのサッカー台にある無料ポリ袋は加熱には適さないので、耐熱性の物を利用しましょう。

ポリ袋に入れず、皮ごとレンチンする方法

ポリ袋に入れず、皮ごとレンチンする方法もある…と友人から教えてもらい、試してみました。

一番外側の皮だけ除いて耐熱皿に置く。ポリ袋利用のときと比べて30秒ほど加熱時間を長くするとよいです。

出来上がりは皮がかなり熱くなっているのでご注意を。
同じようにほっこりと仕上がりました。どちらの方法がよいかはお好みで決めてください。

チョー簡単茹でトウモロコシ いただきます

トウモロコシ特有の芳香が嬉しい。鮮やかな黄色が食欲をそそります。

丸かじりの場合は、冷めてから(10分くらいおけば十分)食べてくださいね。

甘味があって美味しい旬のトウモロコシ、何も味付けせずにそのまま食べるのが一番。

メインのおかずにはなりませんが、夏の食卓メニューの参考にしてもらえたら幸いです。

ねーさん

簡単便利で美味しいってのが、ありがたいわー

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら