【チョー簡単生春巻】刻みアナゴ、キュウリ、ネギ、パプリカをライスペーパーで巻くだけ 暑い季節にオススメのメニュー

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー27年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

生春巻って、作るのに少々手間がかかりそうに思うけれど、身近な素材を利用して手軽に作れる生春巻を紹介します。

調理に火を一切使わないのと、冷やして翌日まで楽しむこともできるので、暑い季節にオススメです。

チョー簡単生春巻 材料

まず生春巻の材料について。

スーパーで売っている「ライスペーパー生春巻の皮」と、きざみアナゴ(生食用)、キュウリ、ネギ、パプリカ。

ウナギの蒲焼きでも良いのですが、昨今ウナギが高騰しているので安価なきざみアナゴを利用します。
ネギは白ネギがよいですが、今回は白ネギを切らしてしまったので、小ねぎで代用。

ライスペーパーは、Amazonでも購入可能です。

タレもかなりテキトー。きざみアナゴにそもそも味がついているのであまり拘らずともOK。
麺つゆといりごま、レモン果汁、一味唐辛子などを混ぜ合わせます。お好みでポン酢やら醤油やら好きに加えればよいです。

チョー簡単生春巻 作り方

まず、タレを合わせて冷蔵しておきます。麺つゆは希釈して、味見しながらいりごま、レモン果汁、一味唐辛子を合わせる。辣油も加えると胡麻油の香りがプラスされて美味しいです。

野菜を切る。かなりテキトーな千切り。刻みアナゴはパックのラップを外しておきます。

ライスペーパーを一枚ずつ水に浸す。商品の説明書には「ぬるま湯」と書いてありますが、水でも十分です。浸す時間は30秒ほど。長すぎるとグダグダになって巻きづらくなるのでご注意を。

まな板に布巾を張って、浸し終わったライスペーパーを軽く拭き取ります。その間に次のライスペーパーを浸す。

拭き取り後、材料をテキトーに並べぐるぐる巻く。

このライスペーパーは1袋12枚入りなのですが、全部使いきれなくてもチャック式で閉じておくことができるので、次に使う時まで常温保存しておくことができます。

チョー簡単生春巻 盛り付け

出来上がった生春巻きをお皿に盛り付けます。半分に切った方が食べやすいのですが、何しろ巻き方も分量もかなりテキトー。私の製法だと切ると崩れてしまいガチなので、そのままで食べちゃう。

トッピングはパクチーなどがあると楽しいですが、買い備えがなかったので、冷蔵庫にあったベビーリーフをあしらいます。

チョー簡単生春巻 注意点とポイント

ライスペーパーはその名の通りお米からできているので、巻くのに粘度があって助かるのですが、くっつき易い。
一個ずつを少し間を開けて並べるとよいです。

ラップをして冷蔵庫で保管しておけば、翌日くらいまで美味しくいただける。

そもそもは、息子が高校時代にサッカーをやっていて「お母さん、これ作って」と渡された本に書いてあったレシピが元になっています。

本書によると

成長期のサッカー選手の正しい栄養のとりかたについて書かれたものである。食事を通じて家族の健康管理を担うお母さん方や、学校などでの指導者のみなさんに読んでいただけるよう、できるだけシンプルにまとめている

とのこと。私のテキトークッキングにも、それなりに身体によさそうな点もありそうです(笑)

最後にひとこと

「生春巻」って、エスニックレストランとかで食べるメニューなのかなぁ、と思っていましたが、家庭でもシンプルで簡単に楽しめる。

特に暑い季節に、よろしければぜひお試しを。

チョー簡単だけれどソコソコ美味しいレシピ。ワーキングマザーの簡単cooking カテゴリーで色々書いています。合わせてお読みください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら