【チョー簡単キムチスープのラーメン】キムチ鍋が残ってしまったとき、翌日の応用にオススメ

広告

こんにちは。寒い季節になると、夕食はもっぱら鍋メニューな ねーさん(@nesan_blogger)です。

我が家でよくやるのが「キムチ鍋」
市販のキムチ鍋の素を使って簡単に出来るのが重宝していますが、ついつい多く作り過ぎちゃって、残ってしまうこともありがちです。

ねーさん

もったいないなぁ、どうしよう

そんなときは翌日に「キムチスープのラーメン」に応用。

ご紹介します。

チョー簡単キムチスープのラーメン ポイント

まずはこのメニューのポイントについて。

ココがポイント

  • 作り過ぎてしまった鍋の具と出汁を、そのまま翌日にも応用できる
  • 生ラーメンを投入して軽く煮込むだけで完成
  • 1日寝かせたゆえに、コクが出ていて美味しい

さらに詳しくお伝えします。

チョー簡単キムチスープのラーメン 作り方

作り方…というほどのものではなく、すみませんが、材料は残ったキムチ鍋とラーメン。

生ラーメンは別茹でしてからスープに加える、と説明書きにはありますが、そのまま使ってしまいます。
ただし、塩分がかなり強いので注意が必要です。

キムチ鍋の残りが沸騰してきたら弱火にして、生ラーメンを投入。

そもそもの麺の茹で時間が短くすぐに煮詰まりやすいのと、塩分が強くなりがちなので、味見をしながら適宜水を加えていきます。

再び沸騰して、麺がほぐれてきたら仕上げどきです。

器に盛って、ネギの細切りなどをトッピングして完成。

1日寝かせた分、さらにコクが出ていて美味しい。肉や野菜の具もそのまま使えるので、これ一品でメインのおかずにできます。

ねーさん

楽チンだわぁ

キムチ鍋について

ちなみに、そもそものキムチ鍋も「チョー簡単」なのが私流。

具材は、洗わずにサッと使えるカット野菜と、豚肉の薄切りがメイン。もう少し足したいなぁと思ったら、しめじや舞茸などのキノコ類やニラ、豆腐なども添えます。

鍋用カット野菜がない場合は、炒め用のでもOKです。夜になるとたいてい値下げしているもの嬉しい。

出汁も市販のもの。色々試した結果「ミツカン」のが辛さも全体の味付けも程よく、いつもこの製品を利用しています。

これらを買ってきて、あとは鍋でグツグツ煮るだけ。下ごしらえほぼナシなので、残業して帰ったときなどはしょっちゅうこのメニューが登場します。

最後にひとこと

肉や野菜がタップリ取れて身体も暖まる。翌日にも応用できると2日分の夕食作りが楽にできて、助かります。

実は、「鍋の〆に生ラーメンをいれる」というのは、私自身は全く思い付かず、一人暮らしをしている息子のアイディア。しょっちゅう一人鍋をしているようです(笑)

息子

鍋の〆はラーメンに尽きる〜

こちらも一緒に読まれています

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら