健康によい食事を作りたい 野菜サラダにはアマニ油がよいのですね

野菜サラダが好きな我が家族。けど、同じメーカーの同じドレッシングがお気に入りのようで、毎日必ずそのドレッシングをかけて食べています。なんとなく気になるなあ。イロイロ添加物も入っているみたいだし。確かに美味しいんだけど。

そんな時、ブログのお師匠さんやお友達がご活用されていると教えていただいた、アマニ油。ワタシも購入してみました。

アマニ油って?

亜麻はヨーロッパで非常に古くから栽培されていた植物で、茎の繊維からは布が作られ、種は食用として利用されてきました。亜麻の種は日本でいえばゴマのようによく食べられてきた種子で、医学の父といわれるヒポクラテスも健康食として奨めていたといわれています。アマニ油の約53%は「α-リノレン酸」という不飽和脂肪酸。アマニ油が注目されている理由は「α-リノレン酸」を非常に豊富に含んでいるからで、植物油の中でもトップの含有量です。

ふむふむ。古代から重用されていた栄養食品なのですね。

アマニ油(亜麻仁油)の効果的な働きは「α-リノレン酸(オメガ3)」によるものです。オメガ3には「α-リノレン酸」の他にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)があります。EPAとDHAといえば青魚に含まれる健康成分として有名ですが、「α-リノレン酸」にも同じ効果があります。実は、「α-リノレン酸」は体内でEPAとDHAに変換され働く脂肪酸なのです。

油って、なんとなく身体にいけなさそうーっと勝手に思ってしまっていましたが、”オメガ3”って大切な油分なんだ!

牛肉をよく食べる米国の厚生省は飽和脂肪酸の摂りすぎは心臓病などのリスクを高めるとして、オメガ3を含む食品を多く摂るように奨めています。食生活の欧米化が進んでいる日本でも、厚生労働省が「日本人の食生活摂取量基準」の中でオメガ3を1日2.2g程度摂ることを奨めています。

むむっ!生活習慣病の予防にもなるんだ。アマニ油って偉大。

さっそくサラダにかけてみた

近所のスーパーの安売りでも170gで798円(税別)なかなかにお高い。けど、それだけ貴重だってことなんですよね。やはり、お友達のみなさんのmenuによく出てくる、鶏のササミ。ちょっと塩コショウとお酒をふりかけてレンジでチンするだけ。とっても簡単です。玉ねぎとキュウリのスライスをトッピングして、アマニ油とちょこっとオリーブオイル&粟国の塩。
ほんのりと甘みのある、なんて優しいお味!食べててとってもホッコリします。
自家製鶏のササミサラダ

健康によいものをcookingしたい

いつものドレッシングと違うぞ。息子ドノが「なんですか?コレは?」とのお訊ね。「これはねー、アマニ油ってゆって、とても身体にいいんだよ。この粟国の塩も、沖縄の海の恵みなんだからー」と解説いたしました。

ム「なるほど。」それだけかいーっ。でも、完食してました。

美味しいというのはもちろん大切ですが、それに加えて身体にいいもの。台所を預かる身としては、さらに気を配っていきたいなー。と思いました。

今日の一言

自然の恵み。本当にありがたいです。あらためて感謝。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆会社員のプロ/100年ライフブロガー☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら