休日のチョー簡単クッキング【おうちで巻き巻きトルティーヤ】好きな材料を食卓で巻きながら楽しめる

広告

こんにちは。ワーキングマザー28年、チョー簡単クッキングが得意の ねーさん(@nesan_blogger)です

休日ともなると、平日に増してさらに食事の支度が面倒くさい。

そんなときに私がよくやっている【おうちで巻き巻きトルティーヤ】をご紹介します。

おうちで巻き巻きトルティーヤ 材料

まずは材料について。

基本は、トルティーヤの皮と味付けに使うトマトサルサ。私は「業務スーパー」で購入していますが、それ以外のお店でも同じようなものが入手可能です。

業務スーパーの「冷凍トルティーヤ」は330gで198円(税別、2021年7月現在)とコスパが良い。実際に入っているトルティーヤは12枚です。

トマトサルサについては別記事に書いているのでよろしければご参考に。

このメニュー、そのときにある材料(和洋かかわらず)をなんでも巻き巻きするのが楽しみポイント。

冷蔵庫を眺めてみたら、納豆・マグロの刺身・アボカド・ウインナーソーセージ・サニーレタス・アスパラガス・お惣菜のポテトサラダが見つかったので、それぞれ使っちゃいます。

おうちで巻き巻きトルティーヤ 食べ方

次に食べ方について。

材料のうち和えておくものはボウルに入れて、焼いたり茹でたりしておくものは下ごしらえして、トルティーヤと共に食卓に並べます。スライスチーズも見つかったので加えました。

あとは好きな材料を巻き巻きして、お好みでサルサソースをトッピングして食べる。「巻き寿司」のような要領です。

なお「冷凍トルティーヤ」は、食べる日の半日前くらいに冷凍庫から冷蔵庫に移して多くと、程よく解凍。

残ってしまった場合は、再冷凍せず冷蔵庫で保存しておくと数日は食感を損なわずに済みます。

トルティーヤとは

ちなみに、トルティーヤとは?についても合わせてお伝えします。

すり潰したトウモロコシから作る、メキシコ、アメリカ合衆国南西部および中央アメリカの伝統的な薄焼きパンである。現代では、小麦粉から作られた同様のものはフラワートルティーヤと呼び、コーンから作られたものはコーントルティーヤと呼ばれる。タコスを作るのにも使われる。
ーWikipediaより引用

「薄焼きパン」とのことですが、実際の厚さを見ると1mm程度。

巻く材料はなんでもアリでも、メキシコ料理の雰囲気が楽しめるのも「おうちで巻き巻きトルティーヤ」のポイントです。

最後にひとこと

とくに暑い季節で、休日の食事の支度が億劫だけれど、家族でワイワイ楽しめるメニューがあったらいいなぁ。

そんなときに、ぜひ「おうちで巻き巻きトルティーヤ」お試しください。

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら