【50代の新型コロナワクチン体験談】接種1回目当日とその前後はどんな様子だったか

広告

新型コロナワクチンを接種しました。勤務先で実施している「職域接種」の利用です。

世間で接種が開始されて以降、どちらかというとネガティブな情報がより多く聞こえてくるように感じるけれど、実際に自分が受けてみたらどんな様子だったのか?

あくまでも個人の感想となりますが、これから接種をされる方々へ参考になったら…と筆を取ることにしました。

ちなみに、私は50代女性・会社員・大きな持病はなし(若干の持病はありますが、経過観察のみで治療中のものがとくにありません)です。

この記事を最初に書いているのは、1回目の接種についてです。2回目、さらにその後の様子は書き足していきます。

接種前日の心境

まずは接種前日の心境について。

実は「予防接種」にはさほど苦手意識がなく、数年前にインフルエンザに罹って大変な目にあったことから、それ以来毎年インフルエンザワクチンを接種しています。

とはいえ、巷間流れてくる「新型コロナワクチン」についての情報は"副反応で寝込んだ"やら"◯◯国では若い世代でもアナフィラキシーショックで亡くなった方がいる"などといったことばかりが取り沙汰されている。

ある意味「ワクチン慣れ」している私でも、前夜は少し緊張しました。

ふと、息子が幼少の頃のことが蘇ってきます。
予防接種を受けてほしいのに、前日や当日になると決まって具合悪くなって度々の仕切り直し。
きっと親が緊張してそれが息子にも伝わってしまったのかもしれない。

リラックスすればいいんだ。気持ちが楽になりました。

接種当日

朝起きて体温を測って平熱を確認。職場で接種するのでいつものテレワークではなく出勤します。

予約時間は15時からでしたが、朝から仕事が立て込んでバタバタ続き。ほぼ息つく間もなくあっという間にその時刻です。

接種会場もオフィス内の会議室で「庭」みたいな場所だから、緊張せずに済んだのもありがたい。

順番が回ってきて接種所に入るとブルーっぽい小型の注射器が並んでいます。インフルエンザの注射器よりもスマートだわ…などとしょーもないことを考えながら、看護師さんと談笑しつつ。

消毒から接種までものの15秒くらいでしょうか。あっという間に終わりました。
インフルエンザワクチンだと「ズキッ」という痛みがあるものですが、今回はそんな痛みもまったくなし。

その後15分ほど椅子に座って休み、仕事に戻ります。

多少の眠気は感じたものの、とにかくバタバタの続きを終えるのに夢中だったので、接種したことも忘れかけそうなほど、とくに何も支障は感じませんでした。

接種当日帰宅後

退勤後はいつも通り満員電車に1時間少々揺られて、最寄駅に着いたらいつも通りスーパーで買い物して、帰宅。

若干疲労感はありますが、久しぶりに出勤してフルタイム仕事して、疲れていないわけはありません。これもいつも通りの疲労。

接種した方の腕を大きく動かそうとすると筋肉痛のような感覚はありますが、こうしていつも通りブログもパソコンでタイピングしているので(笑)さほど影響はなし。

翌日に痛みが出たり、2回目の方が反応が大きかったりすることもあるようですが、まずは1回目接種当日は無事に終わりつつあります。

接種翌日

接種翌日もとくに変わりありません。

新型コロナワクチンは「筋肉注射」なので、注射部位について意識を向けたときは、鈍痛(筋肉痛が続いているような感じ)はありましたが、無意識ならば何もおぼえず。

その日は休日だったので買い物に行ったり散歩に行ったり。

いつもの土曜日です。

接種から10日後

10日後くらいになって、多少接種部位周辺に赤みや痒みを感じることもあり、若干の鈍痛が残っているようにも思えましたが、それ以外に気になることはなし。体調も良好です。

2週間後(1回目から4週間経過した頃合)に2回目の接種予約をしました。

新型コロナワクチン接種についての注意事項

受け取った説明文から、注意事項(一部)を引用します。私が接種したのはモデルナ社のものです。

  • 本ワクチンの発症予防効果は約94%と報告されている
  • 接種後は発症予防が期待できるものの、他の人への感染をどの程度予防できるかはまだ十分にわかっていない
  • ワクチンを受けた人も受けていない人も、共に社会生活を営んでいくことになるので、ワクチンを受けた後も感染予防対策の継続をお願いします
  • 臨床試験(薬が世に出る前に、有効性や安全性を確かめるための患者さんを対象にした試験。治験ともいいます)において、本ワクチンの接種で十分な免疫が確認されたのは、2回目の接種を受けてから14日以降です

接種後は注射した部分をこすらないように注意すればよく、激しい運動や過度の飲酒は控えるようにとのことですが、通常の生活(入浴含む)は問題ない。

これもインフルエンザワクチンのときと同じです。

余談ですが、たまたま新型コロナワクチン接種の翌日に年次健康診断の予定をしていて、念のため健診をお願いしている医療機関に問い合わせしてみたところ、接種から1週間空ける必要があるとのこと。日程を再調整しました。
※同様な状況の場合には、詳しくは各医療機関にお問い合わせください。

最後にひとこと

なぜ私は新型コロナワクチン接種をしようと決めたのか。

職域接種という便利な制度があるのも大きいですが、何よりも「コロナ禍のこれまでの1年半から、次の過ごし方を目指していけたら」という思いもありました。

感染症を根絶することはできないでしょうが、予防する手立てになるのなら試してみたい。それが正直な気持ちです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら