日々の繰り返し 一週間・毎日・年間 小さなことでも「楽しみポイント」の見つけ方

広告

毎日毎日仕事に行って、毎日毎日家事や育児にも追われて。

日々の繰り返し。
辛いこと苦しいこと嬉しいことが巡り巡ってきます。

でもちょっとした「楽しみポイント」があるものです。
その見つけ方について、一週間・毎日・年間のそれぞれで、私がおこなっていることをご紹介します。

一週間で捉えると:金曜日を楽しむ

会社員ライフが主軸の私にとっては、金曜日のとくに通勤帰りはとてもワクワクします。
そんなとき「楽しみポイントのセンサー」がいつもより働くのです。

たとえば、自宅最寄駅の通路で見かけたイルミネーション。
クリスマス限定かと思いきや、年が開けても引き続き我が町を照らしてくれている。

帰り道から少しだけ遠回りになっても、光のアーケードをくぐってみよう。
小さなことでも、なんだか幸せな気分になります。

土日の休みは何をして過ごそうか?
考えながら帰途に着きます。

毎週の金曜日。一週間で捉えるとこれが最大の楽しみポイントでもあります。

毎日で捉えると:行き帰りの通勤時間に、情報発信や読書を楽しむ

一方、毎日で捉えると。

仕事や家事にとらわれることなく、自由に使える自分だけの時間。
私にとってそれは「行き帰りの通勤3時間」です。

満員電車でもお構いなし。

この3時間でおこなっていることは「アウトプット&インプット」です。
具体的には、SNSでのフォロワーさんたちとの交流やブログの下書き、読書。

何しろ毎日3時間もあるので、十分この活動に集中できる。

通勤時間が苦痛…という話もよく聞きますが、私にとっては「楽しみポイント」のひとつでもあります。

年間で捉えると:様々な季節の行事

そして年間で捉えると。

お正月、節分、お節句、花見、ゴールデンウイーク、夏季休暇、お月見、紅葉狩り、クリスマス…etc.
様々な季節の行事。

日常の繰り返しの中でも節目節目のアクセントになってくれます。

私はどの行事も家族と一緒に過ごすことが多いです。
まつわる食事を誂えたり、装飾を施したり、行楽地に出かけて行ったり。

自分の楽しみ、というより、家族みんなの楽しみだともいえます。

最後にひとこと

以上、私の「楽しみポイントの見つけ方」についてお伝えしました。

どれもかなり平凡で些細なことばかりですが、何事も考え方次第。
これを読んでくれているあなたも、ぜひ、ご自分の楽しみポイントを見つけてみてくださいね。

ねーさん

ちいさなことでも、楽しめればオッケー

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら