お友達の息子さんに"ほのぼの"をもらって嬉しかった日

お友達のご家族とお会いする機会が時々あります。

素敵な友人だから、ご家族も、みなさん素敵なんですよね。

今日お会いした息子さん。
お年は8歳。たまたま庭にあった椅子に座ってボーっとしているお姿が、とっても絵になっていて、釘付け。

程なくして椅子から立って行っちゃったのですが、思わずシャッターを押したくなるような瞬間でした。

その後、庭にいた鷄の写真を撮っていたら、彼がトコトコっとやってきて、
「赤ちゃん、見る?」と声をかけてくれました。
なんて優しいんだろう。
鷄の赤ちゃんも、とっても愛らしい。アイキャッチにしました。

今度は彼にカメラを向けてみます。
撮ってもいいかなー?と聴いてみると、
「うん、いーよー」と言って、またしても素敵な笑顔をたくさん見せてくれました。

かわいいなー。
"ほのぼの"をもらって、ありがとねー。

帰宅すると。
我が息子、「腹減った〜〜」
あー、君にもかわいらしいときがあったのよねーと、心の声が聞こえてきました(笑)

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら