金丸文化農園感謝祭 自然の恵みと生産者さんのご尽力に感謝(山梨県南アルプス市)

山梨県南アルプス市にある、金丸文化農園さん。
さくらんぼと桃を生産していらっしゃいます。

今年の夏に桃を購入して、その美味しさに感動。

この度「感謝祭」が開催されると聞き、参加をしてきました。

肥料まき作業体験とBBQ…という楽しいイベントです。昨年から開催されていて、今年は二回目とのこと。
こんなに美味しい果物ができてゆく様子って、どんなふうなんだろう?
ワクワクです。

金丸文化農園 所在地

場所は山梨県南アルプス市上今諏訪1610

JR甲府駅から路線バス(もしくは、都内・新宿駅から高速バス)の「上今諏訪」というバス停を降りてすぐのところにあります。
アクセスマップはコチラ

近くに山と川、風光明媚で空気が美味しい♪

県道沿いのこの看板が目印

開催日は2018年11月3日。抜けるような青空が気持ちいい朝。作業もはかどりそうw

果物の生育や肥料まきの行い方について、説明を受ける

まず、さくらんぼ・桃の生育あらましや、肥料まきの行い方についてを、園主の金丸さんがスライドで説明してくれます。
さくらんぼの花。「桜」に似て白くて可憐だわー。

こちらの農園さんでお使いの肥料は
「EMぼかし」(有機肥料、EM菌を使い発酵させた米ぬか」と、完熟牛フン。
ドラム缶からチリトリですくった「ぼかし」を木の周囲に撒いてゆきます。

チリトリすくい作業はとても力仕事。男性陣が担ってくれました。
女性陣は撒き係。最初はなかなか要領悪く、木の一周に均等化するのに四苦八苦しましたが、だんだん慣れてきたw

その後、牛フンを撒いてさらに周囲を固める。

総本数120本ほどのそれぞれの木々に、2時間ほどで肥料やりを完了。
小さいお子さんもいらっしゃって、みなさんがんばりました。

作業後は極上のBBQタイム

その後は、とびっきり極上のBBQが待っています。

プランナー、まっきーさんがプロデュースしてくれる本格BBQ。
ワタシたちは、飲んで食べるだけ。

甲州ワインビーフのランプステーキ。見ているだけでヨダレが出てきちゃう。

豚トロ焼き

ブリの炙り焼き

他にも絶品の数々でしたが、食べるのに夢中で写真撮り忘れた(笑)

近隣ワイナリーのワイン、ビールもサイコー。農作業の後はひときわ沁みるーー。

園主の金丸さんご夫妻。
いつも美味しい果物を作ってくださり、今回は素敵なイベントをありがとうございましたw

今日の一言

120本の肥料まきを園主さんたちだけで行うのは、本当に大変なご苦労だと、あらためて知ることができました。こうしてひとつずつ、大切に育てているのですねー。

自然の恵みに。そして、美味しい果物を私たちの食卓に届けてくださる、生産者さんたちのご尽力に。
心より感謝です。

来年のさくらんぼ、桃をいただくのがますます楽しみになってきました。

金丸文化農園さんの果物や、園主さんおススメの商品、オンラインショップで購入できます。
くわしくはコチラ

Facebookページでも、都度ニュースをアップデートくださっています。
https://www.facebook.com/kanemarubunka/

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら