グアム旅行 今回は食費をかけず、使ったのは3泊4日で大人2人で24,492円(約232ドル)

広告

グアム旅行に来ています。
なかなかに物価が高いと感じるため、今回はあまり食事に費用をかけないことにしました。

結果、大人2人トータルで3泊4日で24,492円(約232ドル、2019年8月24日現在のレート/1ドル:105.40円にて換算)

詳細をお伝えします。

最初の朝食が高額過ぎてガッカリ

食事は旅の楽しみでもあります。

到着翌日の朝は初めての食事。張り切ってショッピングモールに出かけました。

おっ!「Eggs’n Thing」が見えた。日本では行ったことがなかったし、パンケーキの朝食もいいなーと思い…しかしかなり行列していたので、断念。

向かい側に似たようなダイナーがある。そちらに行ってみよう。
そこで、エッグベネディクトとベイクドポテトのセットを頼みました。

コチラのお店もかなり混んでいて、着席はすぐにできたものの、料理がでてくるのに30分近くかかりました。

やっときた。卵の美味しそうな黄色にワクワク。

ところが。

ハッキリ言って美味しくない。
味が無いのです。ケチャップはテーブルに置いてあるものの、そもそも塩味が足らなさ過ぎ。

駄目押しはその値段。1人分がナント28ドル(+サービス料10%)
2019年8月24日のレートだと、1ドルが105.40円なので「2951.2円」しかも、飲み物は付いていません。

かなりのボリュームでしたが、これに「3,000円」はあり得ない。観光客価格なのかもしれませんが、ガッカリきてしまいました。

その後の夕食はテイクアウトで済ませる

不味い、高い、しかし大量…これで夕食までお腹が空かなかったのは不幸中の幸い(笑)でしたが、夜はレストランに行く気が起きず、テイクアウトすることに。

ハワイやグアムでよく見るコンビニ「ABCストア」でサラダとワイン、合計15ドル(1,575円)

および、マクドナルドで「チーズクォーターパウンダーとチキンナゲット(10個入)のセット」が、6.60ドル。コチラは695.64円。日本とほぼ変わりない感じ。

部屋でゆっくりと食べるのも楽しいものです。

久しぶりにタップリ生野菜を食べられて、美味しかったー!ABCストアのデリ、なかなかイケてます。

3日目は、ツアーのランチとホテルの中華レストラン

3日目は、洞窟探検ツアーで出発が朝早いのと、昼におにぎりが出るから、朝はホテルでサービスのミネラルウォーターのみ。

昼はツアーに含まれているので、費用はかからず。
いわゆる「コンビニおにぎり」2個でしたが、大きめで具もたっぷり。お腹いっぱいになりました。

夕食は滞在中最後のディナーとなるので、ホテルの上階にある中華料理店でコースを頼みました。
写真に撮り忘れてしまいましたが、1人分がコース55ドル、ビール8ドルに、サービス料(10%)込みで66ドル。

まあ、最後だからいっか。中華料理は万国共通、美味しいものです。

まとめ

4日目の出発日は、お昼過ぎのフライトだったので、空港で朝昼兼用の食事をすることに。

ホットドッグとフレンチフライ、ペプシコーラの"いかにもアメリカらしい"セットでしたが、なかなか美味しかったー!
アイキャッチにしました。8.59ドル(904円)です。

滞在中の食費(大人2人分)をまとめてみます。※1ドル=105.40円で換算、2019年8月24日のレート、内税

2日目の朝食(エッグベネディクトとポテト) 6,493円(61.6ドル)
2日目の夕食(マクドナルドとABCストアのデリサラダ、ボトルワイン) 2,276円(21.6ドル)
3日目の昼食 0円(ツアー料金に含まれるため)
3日目の夕食(ホテルの中華レストラン) 13,912円(132ドル)
4日目の朝昼食(空港でホットドッグのセット) 1,811円(17.18ドル)
合計 24,492円(232.38ドル)

 

グアムでいただく食事。ステーキやビーチ沿いでのBBQ、ナイトクルーズなど、様々な選択肢があるけれど、こんな食事の摂り方もありますよー。というお話でした。
遊びに夢中になって、アイスクリームなどのスウィーツも、すっかり食べそびれました(笑)

おまけ

帰りの飛行機で小腹が空いてしまい、機内食のカップラーメンを注文。"夏のセール中"で通常5ドルのところ、4ドル。
韓国のエアライン(エアープサン)なので韓国製。ピリ辛のスープが美味しかったー。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら