【東京の終雪】2018年は3月21日、2019年は雪が降らなかった年、2020年は3月29日

広告

終雪とは、その年の終わりに雪が降ること。

例年3月に入ると春へと向かっていくものですが、いきなり気温が下がって雪が降ることがあります。

2019年は雪の降らない年でしたが、2018年と2020年の終雪についてお伝えします。

2018年の終雪は、3月21日 変化の多かった四季

2018年3月21日。気温3℃、朝から降雪です。あまりの寒さに驚愕しました。

「春分の日」に雪。長年生きていますが記憶にないくらい。

終雪(しゅうせつ)とは春を迎えてから、その冬最後の降雪(雪)のこと。終雪は気象台が観測・発表するが、初雪とは異なり一般的にはほとんど使われない。同意語には名残雪(なごりゆき)、忘れ雪(わすれゆき)、雪の果て(ゆきのはて)、涅槃雪(ねはんゆき)の言葉がある。
ーWikipediaより引用

名残雪(昔の歌にありましたね)涅槃雪…なんともロマンチックな表現です。

振り返ると、この四季は、気候の変化が多かった。
2017年の夏は後半、曇天続き。

秋~冬にかけては、かなりの冷え込み。2018年1月には東京近郊で大雪も降りました。

一方、「終雪」の次の日は一挙に気温が上がり14℃。

その週末、2018年3月24日は絶好のお花見日和、抜けるような晴天。例年に比して早い開花でした。あれだけ寒かったのに。

2020年の終雪は、3月29日 新型肺炎流行で世の中全体が不安に包まれていた春

もうこんなに遅い終雪はないだろうな…と思っていたら、2020年はさらにそれ以上に遅い終雪となりました。

前日まで暖かな春の日々が続いていて、桜も満開でした。

すると、翌朝になって窓を開けたらいきなりの雪。前日は20℃だったのに、本日は1℃。2020年3月29日のことです。

この2020年は、新型肺炎(COVID-19)の全世界流行で世の中が不安に包まれていたとき。

行政からも「外出自粛」という前代未聞の指令が出ていた最中の降雪でした。

最後にひとこと

最後の雪が降るとき。

なぜだか世情やら気象異変やら、色々なことを示唆しているように思えてなりません。

今後毎年の終雪について、この記事に書き加えていきます。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら