トマトサルサで作る【チョー簡単ガスパチョ】暑い季節にオススメ 業務スーパーの瓶詰めがイチ押し

広告

こんにちは。ワーキングマザー28年、チョー簡単クッキングが得意の ねーさん(@nesan_blogger)です。

暑い季節になってくると、冷たいスープが嬉しいもの。

とはいえ、意外と「冷たいスープ」って身近に作れるようでそうでなかったりもする。

そんなとき強い味方になってくれるのが「トマトサルサの瓶詰めで作るチョー簡単ガスパチョ」
オススメ素材は業務スーパーで売っている「トマトサルサ」

ご紹介します。

トマトサルサで作るチョー簡単ガスパチョ 作り方

まずはこのメニューの作り方について。

作り方というほどのものではなくてすみませんが、トマトサルサの瓶詰めをスープカップに注いで、冷水で適当に薄めるだけ。

ちなみに「ガスパチョ」とは、スペイン料理のスープとして有名なメニューの1つ。暑さの厳しい地方や夏に特に好まれ、トマトを用いたものが一般的とされています。

しっかり作るのにはそれなりの手間もかかるでしょうが「トマトサルサ」の瓶詰めを使うと、チョー簡単なのです。

瓶から取り出したのがこんな感じ。そのままでも十分美味しいですが、スープにするにはややドロッとしているので、少々の冷水と合わせるとよいです。

おおよその薄め方としては、トマトサルサ大さじ4に対して水大さじ1くらい。
お好みで調節してください。

キュウリやセロリの薄切りを加えて、さらにミキサーなどで混ぜ合わせるのもひとつですが、面倒なので(笑)スープカップの上にそのまま薄切りをトッピングしちゃいます。

お好みで、無糖ヨーグルトを加えると、さらに「それっぽい味」になります。

トマトサルサとは

ちなみに「トマトサルサ」ってなんだろう?

サルサは、スペインやメキシコ料理によく使われているソースで、中でもメジャーなのが、トマトを使ったソースです。トマトや玉ねぎ、唐辛子、コリアンダーなどを刻んで混ぜたもので、「サルサ・メヒカーナ」とも呼ばれています。

日本国内でも各メーカーから瓶詰めの「トマトサルサ」が販売されていて便利に使えますが、業務スーパーの商品がとても重宝しています。

業務スーパーの「トマトサルサ」について

業務スーパーの「トマトサルサ」は1瓶453g入りで228円(税別、2021年5月現在)

他メーカーの同等品よりも圧倒的にコスパが良いのが嬉しい。
サルサって辛いのでは?というイメージもあるかもしれませんが、この商品は辛さマイルドなのもポイント。

原材料で特に気になる添加物などは見受けられず、安心して食べることができます。

そのまま「トルティーヤ」に浸して食べるのも一考ですが、水分も多い様子を見て「ガスパチョ」への応用を考えつきました。

商品情報については コチラ

瓶の蓋が固く閉まっていて開けづらいというコメントも見かけますが、蓋と瓶本体の隙間に缶切りの爪を当てて空気を抜くと、スンナリ開けることができました。

購入したのが2021年5月で、賞味期限は2023年の1月まで。開栓後は冷蔵保存ですが長期に使えるのもポイントです。

最後にひとこと

我が近所に「業務スーパー」が無かった頃は、こちらの商品もよく試していました。

よろしければご参考に。

こちらも一緒に読まれています

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら