【チョー簡単鍋焼きうどん】冷凍うどんと出汁つゆと、スーパーの値下げ惣菜を合わせるだけ

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー28年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

寒い季節には、温かいうどんが食べたくなります。そんなときに私がしょっちゅう作っているのが【チョー簡単鍋焼きうどん】

冷凍うどん、出汁つゆ、トッピングの具は夜になるとスーパーで値下げしているお惣菜の「天ぷら盛り合わせ」で、15分くらいであっという間に出来あがっちゃう。

鍋焼きうどんって、なんだか手間がかかりそうだけれど、これなら簡単でいいわね

ご紹介します。

チョー簡単鍋焼きうどん ポイント

まずはこのメニューのポイントについて。

ココがポイント

  • 1人用土鍋があれば簡単に楽しめる
  • 冷凍うどん利用で時間短縮
  • スーパーの値下げ素材「天ぷら盛り合わせ」でトッピングも充実

さらに詳しくお伝えします。

チョー簡単鍋焼きうどん 材料と作り方

材料は、冷凍うどんと出汁つゆ、スーパーのお惣菜「天ぷら盛り合わせ」、薬味に万能ねぎ。

昨今の冷凍うどんはコシがあって、5食入りパックが200円くらいで買えるのも嬉しい。「天ぷら盛り合わせ」お惣菜も、夕方以降になると大抵値下げしています。

出汁つゆのパッケージに「かけつゆ」の目安量が表示されているのを参考に

1人用土鍋に出汁つゆと水を加えて、味見しつつ火にかけます。

大鍋を使うと取り分けるのも面倒だけれど、1人用土鍋があると、そのまま食卓に出せて便利です。
鍋焼きうどんだけでなく、湯豆腐や少量の煮込み料理にも重宝します。

出汁を煮た立てている間に、天ぷらを温める。

アルミホイルに包んで

オーブントースターで5分くらい加熱すると、サクッとして美味しい。完全に覆っておかないと焦げるのでご注意を。オーブントースターが無い場合は、そのままでもよいです。

一方、冷凍うどんは温めておくと、調理時間が短縮できます。パッケージに書かれている加熱時間を目安にして、レンチン。

これを土鍋に加えて

沸騰してきたら、卵を割り入れます。

土鍋だと余熱が利用できるので、その後すぐに火を止めてオッケー。

天ぷらと、彩りに万能ねぎ加えて完成。

最後にひとこと

土鍋ごと食卓に出して、ふーふーしながら食べるもの、また楽しい。

出汁を煮立たせている合間に、天ぷらを温めて、冷凍うどんを温めて…少々同時進行が必要な工程もありますが、トータル15分くらいで済みます。

寒い季節のメニューに、ぜひお試しください。

身体もホッコリ温まって、嬉しいわぁ

こちらも一緒に読まれています

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら