【鶏モモ挽き肉と大葉で作る麺つゆ】冷麦との相性抜群 ちょっと変わったつけ汁を楽しみたいときにオススメ

広告

こんにちは。ワーキングマザー28年、チョー簡単クッキングが得意の ねーさん(@nesan_blogger)です。

暑い時季にツルッと食べられる麺類は美味しいもの。

いつもと違うちょっと変わったつけ汁を楽しみたいときに、私がよく作っている【鶏モモ挽き肉と大葉の麺つゆ】をご紹介。

とくに「冷麦」との相性抜群です。

鶏モモ挽き肉と大葉の麺つゆ 材料と作り方

材料

玉ねぎ、鶏モモ挽き肉(麺つゆ2人分で200gほど)、大葉、冷麦、昆布つゆ。

冷麦は「揖保の糸」がコシがあってオススメ。つゆは「カツオだし」だと、肉の旨味と喧嘩してしまうので「昆布だし」を使います。

作り方

玉ねぎ4分の1をみじん切りにします。あまり細かいみじん切りだと食べづらいので、かなりザックリした粗みじん切りでOK。

鍋に昆布つゆと水(パッケージに書かれてある「つけつゆ」と「かけつゆ」の間くらいの水量がよい。濃さは味見しながらお好みで仕上げてください)を入れて火にかけます。

沸騰したら、鶏モモ挽き肉と玉ねぎを投入

アクが出てくるので「アク取りシート」を入れて

10分ほど煮込むと材料に程よく火が通るので、仕上げに醤油少々をたらして出来上がり。

チョー簡単なのが我がクッキングのモットー。洗い物も最小限に抑えたいので、麺つゆを一旦フライパンに移しておいて、同じ鍋を使って冷麦を茹でます。

麺を茹でている間に大葉を細切りにして

茹で上がったら冷水に取りザルにあげて、麺つゆに大葉を散らして出来上がり。

麺つゆは煮込んだ直後で、温かさがまだ残っている状態だけれど、このつゆは温かい方が美味しい。冷たい麺とよく合うのです。

大葉の残りと麺つゆの残り 利用法

大葉って、スーパーで売っている1束は少々多いものですが、この麺つゆは大葉の香りがワンポイント。

最初につゆに散らした残りの大葉は取り皿に盛っておいて、薬味として付け足して使うと、2人分で1束食べ切ることができます。

麺を食べ終わった後の残り汁は「蕎麦湯」代わりに冷水で薄めて、ひき肉もろともスープ的に楽しんでください。

最後にひとこと

素麺や冷麦は夏場には嬉しい一品ですが、それだけだと炭水化物メインになってしまいます。この麺つゆは肉類(タンパク質)も摂れて一石二鳥。

あとはサラダなど野菜メニューを加えれば、栄養バランスもほどよい。

夏バテであまり食欲がないなぁ…というときにもぜひ、お試しください。

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら