【チョー簡単 タコのマリネ】スーパーの安売り活用で手軽に作れる

広告

こんにちは。ワーキングマザー28年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

仕事帰りにスーパーで買い物するのがいつも20時くらい。鮮魚などの食材が安くなっています。

そんなときによく買って帰るのが「タコ」

私がよく作る【チョー簡単タコのマリネ】を紹介します。

タコの栄養、効能

安売り活用はよいけれど、さて、タコの栄養や効能ってどうなっているのだろう?
調理する前に調べてみます。

  • タコは高栄養・低カロリー
  • 脂質・糖質の代謝にすぐれたビタミンB2が、他の魚の2~5倍と豊富に含まれている
  • タウリン量の多さは、魚介のなかでもトップクラス

近年、タコの豊富なタウリンにはコレステロール値を下げる働きがあることがわかり、コレステロールを抑える健康食材としての価値が高められたとのこと。

なるほど。体に優しい食材であるというのも嬉しい。

売っているのはたいてい「真ダコ刺身用」と表示されていて、蒸してあるもの。そのままワサビ醤油などで食べるのも良いですが、私のおススメは野菜とともに食べるマリネです。

タコのマリネ 材料

材料は、真ダコ刺身用、プチトマト、きゅうり、オリーブオイル、乾燥ニンニク。

材料を適当な大きさに切ります。

材料を切ったら、あとは和えるだけ

あとはボウルで和えるだけ。

底にオリーブオイルと乾燥ニンニクを手ちぎりしたものを敷いて、塩と黒コショウを足していく。
塩コショウの量はお好みで、味見しながら決めてください。

仕上げにイタリアンパセリをトッピングして、完成。

調理時間トータルは10分ほど。保存容器に入れて冷蔵しておけば翌日くらいまで持ちます。

最後にひとこと

この記事を書いているのが、ちょうど夏至のとき。

冬至だと「かぼちゃ」を食べるというのはよく知られていますが、夏至はどんな食べ物の風習があるのだろう?

やはり調べてみたら、一部の地域では夏至に「タコ」を食べるということを知り、この日メニューの一品はタコのマリネにしようと決めました。

田植えと重なる夏至の時期に「稲の根がタコの足のように四方八方にしっかりと根付くように」という願いを込めて…というのが由来。

季節の出来事とまつわる食材を楽しめるのは、ありがたいものです。

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら