【山形県産玄米100% 東洋水産の玄米ごはん】ちょっとご飯が食べたい時にレトルトで便利

広告

ちょこっとご飯が食べたい時ってありますよね。

とくに我が家は夫と2人暮らしなので、息子が同居していた頃と比べて、炊く機会が減っています。

そんな時に便利なのがレトルトごはん。

私がよく利用している「東洋水産の玄米ごはん」をご紹介します。

東洋水産の玄米ごはん 利用のきっかけ

この商品を買い始めたきっかけ。

レトルトご飯には様々な種類がありますが、玄米は白米よりもさらに、まとめて炊く機会が少ない。どうせ利用するのなら、玄米にしようと思いました。

また、近所のスーパーで安売りしていたのも買うきっかけの1つ。

原産地は山形県。「食べやすく仕上げている」という点にも惹かれました。

山形県産玄米だけを使って作った玄米ごはん。独自の製法により玄米を食べやすく仕上げています。
ー 東洋水産 ウェブページより引用

東洋水産の玄米ごはん 食べ方

パックの端を少し開けておいて

その後はレンジで温めるだけなのですが、ちょこっと"私流"を加えています。

まず、その時間。パックには「500〜600Wで2分間」と書いてありますが、固めが好きということもあり、2分だとちょっと多いのです。1分30秒がちょうど良い。

加熱したら3分ほどそのまま放置して、蒸らします。

しゃもじで混ぜて、茶碗に盛り付ける。

完成。黒ごまをトッピングしようと思ったら切らしていたので、海苔をトッピングしました。

程よい固さ&玄米の風味も豊かで、美味しいです。

東洋水産の玄米ごはん 商品情報

内容量(1パックあたり) 160g
エネルギー 228kcal
その他栄養成分 たん白質 4.2g
脂質 1.6g
炭水化物 49.1g
ナトリウム 0〜20mg
食塩相当量 0〜0.05g
希望小売価格 170円(税抜)
製造者 東洋水産株式会社
ウェブページ 玄米ごはん

 

まとめ買いの場合ほ、Amazonがお得で便利です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら