【こうやって、考える(外山滋比古 著】ちょっと活字疲れなときに ゆるーい雰囲気でリラックスできる一冊

広告

本を読んだり、ネットを見たり…日頃「細かい文字」を見ることが多くて、ちょっと活字疲れなことってありませんか?
でも、本を読むのは好き。

そんなときに、ゆるーい雰囲気でリラックスできる一冊を紹介します。

「発想力や思考力のヒントになるような箴言(しんげん)集」

その本とは、外山滋比古さんの『こうやって、考える』
表紙のイラストからして、なんともゆるーい雰囲気が目に留まりました。

外山さんは、言語学者/評論家/エッセイスト。

本書は、外山さんの数多ある作品のなかから短文を集めた、いわば「エッセンス集」のようなもの。

しかも、ご自身ではなく、出版社さんがセレクトしたそうで、前書きには以下のように記されています。

『発想力や思考力のヒントになるような箴言(しんげん)集を、これまでの著作のなかから抜粋して作らせてほしい』
※箴言:戒めの言葉。教訓の意味をもつ短い言葉。格言。

この申し出に、外山さんは「あとはよろしく」とだけお願いされたとのこと。実際に挙がってきたそれらのものを眺めていて、面白いことに気付いたそうです。

『引用された短文が、もとの本文の中にあったときとは違った、新しいニュアンスをともなっているのである』

自分の書物から抜粋されたものが、また違う雰囲気を醸し出すとは、なかなかに興味深いものです。

ゆるーい雰囲気でリラックスしながら、「ふむふむ」と頷ける

見開き2頁に数行ほどが書かれてあって、とても見やすく、余白が多いせいかリラックスしながら読み進められるのも嬉しい。

内容も「ふむふむ」と頷けることが散りばめられています。例えば、こんな感じ。

「場所を選ぶ」
文章を練るとき、もっともよく妙案の浮かぶのは三上である。(中略)三上とは、机上、鞍上、厠上(中略)
眠ろう、どこかへ行こう、用を足そう。そう思っているとき、思いがけず心は澄むらしい。

「放っておく」
外国に"見つめるナベは煮えない"ということわざがある。早く煮えないかと、たえずナベのふたをとっていては、いつまでたっても煮えない。
(中略)考えるときも同じことが言えそうだ。あんまり考えつめては、問題の方がひっこんでしまう。出るべき芽も出られない。
-本書より引用

ウィットにも富んでいて、思わずクスっと顔が緩みそうになります。

今日の一言

こんな読書もいいもんだ。
本書と同様な一冊『やわらかく、考える』もぜひおすすめです。



☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら