「スペシャル」と「ジェネラル」 プロジェクトによって求められるスキルは異なるものだ【女性管理職の仕事日記2019.9.30】

広告

職場チームのリーダーが嘆いています。
「業務に取り組むレベルって、まちまちなんですね…自分達がやっていることが『普通』だと思っていたけれど、それに満たない状況でも、なんとか納得しないといけない。」

つまり、他チームのクオリティが低いということを言いたいようです。

けどね。

仕事って、レベルの高低で語るべきものじゃなくて、そのプロジェクトにはどんなスキルが求められているか?それに合わせるべきもの。

今回はそんなお話です。

スペシャルとジェネラル

確かにこのチームの業務は、特殊技能を以って深掘りすることが求められている。

専門性の高い(スペシャルな)分野だと言えます。ただ、その守備範囲は狭いのです。

一方、別のチームは総体的(ジェネラルな)分野を求められている。ゆえに守備範囲は広域に渡る。ひとつひとつを深掘りすることは要望されていない。

どちらが良いとか悪いとかじゃなしに。
クライアントさんが、スペシャルを求めているのか?ジェネラルを求めているのか?ということに的確に応えるのが大切。

自分目線じゃなくて、相手目線なのです。

自分が「こうあるべき」と思うのではなく、それぞれの立場を尊重すること

同じ職場の中にいると、ともすると「こうあるべき」ということを主張したくなるのは分かります。

あなたたちはスペシャリストとして素晴らしい。
でも、ジェネラリストとして立ち回ることが必要な時もある。

専門分野を掘り下げるということは、ともすると学歴だったり資格だったり…そんなことに拘りがちですが、それはひとつの「カテゴリー」でしかない。

世の中には、様々なバックグラウンドや個性のある人たちで成り立っていて、その特性を仕事上でも活かせば良いのです。

自分の尺度で「納得」するとかじゃなしに、大事なのは、お互いをリスペクトすること。
そうすれば、自分がおこなっていない領域の相手に対して、ストレスを感じる必要も無くなります。

仕事の内容に優劣はない

スペシャルであっても、ジェネラルであっても。

その仕事内容に優劣は無いのです。

スペシャルなのが必要な場合は、それを追求すれば良い。ジェネラルなのが必要な場合は、それを追求すれば良い。
それぞれに得意不得意な人たちがいるでしょう。

適材適所でメンバーが活躍できる。

そこを整えるのが、マネジメントの役割だと思っています。

今日の一言

そんな話をしてみるも、相変わらず「納得」がいかない様子の我がリーダー。

まあ、頑固さも、ときには必要だからね。
あとは「少しばかりの優しさ」を身につけると尚良さそうです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら