ボスとのメールやりとりでヤキモキ 会って話すと調和ができるものだ【女性管理職の仕事日記2019.9.24】

広告

新しいボスと仕事をしています。
前のボスと合意していた重要な事項について、そろそろ対処の時期。

とりあえずメールで進捗確認をしてみると「は?何も引き継いでいないんだけど」との返答。

えーーっ。あり得ないでしょ。

悶々としながら週末を挟んでしまいましたが、会って再度確認したら何なく解決。

今回はそんなお話です。

メールやりとりは、やはり限界がある

この事案に気付くのが遅くなった自分もいけないのですが、焦りが募ります。

生憎、新ボスは出張中。

"かくかくしかじか"メールに書いてみたところ「(前任者から)何も引き継がれていないし、知らないなー」と短文が返ってくる。
忙しいのでしょうし、仕方ない。返信くれただけでも良しとしよう。

とはいえ、このメッセージだけだと、事案の行方が迷走しかねない。

私は部下さんと「必ず実施するからね」と約束している。反故にするわけにはいきません。
残念ながら、明確な回答を得られずに週末を迎えてしまいました。

どうしよう。

その後の休暇中にも、気になって仕方がありません。

引き継ぎの是非を問うても、意味がない

前任者から後任者への引き継ぎ。
これはシッカリおこなわねばならぬ、というのが私の信条。

しかし、自分が引き継ぐ場合だけでなく、他者が引き継ぐことに委ねることも多い。
「引き継ぎについての使命感」は残念ながら、担当者によって温度差がまちまちなのが現状です。

今回だと、前ボスに「必ず引き継いでくださいね」と念押しして「わかった、わかった」と聞いていたのに、実際にはそれが適正に機能していなかった。

引き継ぎしたんですか?引き継がれたんですか?と、新旧ボスたちにその是非を問うたところで、残念ながら何も意味がないのです。
とにかく、今起きていることは、新ボスにこの事案を承認してもらうということ。

そこに注力します。

直接の対話は大切

週明け。

多忙なボスを捕まえるのは至難の技なのですが、もうここは、メールで済ましている場合ではない。
スケジュールを見たら昼頃に会議が終わるようだ。

突撃するしかありません。会議室の前で「出待ち」です。

程なくやってきた我がボス。
ここでしかめっ面をしたら上手くいかない。極力作り笑いを浮かべ「すみません、先週の件なのですが…」と切り出してみます。

すると。

「あ、それね。手順がよくわからないので、事務方に確認してどうぞ進めてください」

おいおい。それならそうと、メールに書いてくれよ…と心の中でイラっとしつつも「ありがとうございますっ」と"作り笑い"から"満面の笑み"に切り替えます(笑)

どんなに多忙な相手であっても。
直接の対話は大切なのだと、あらためて悟りました。

今日の一言

メールは便利だけれど、字面だけで上手く理解ができず、あらぬ誤解を自分の中で妄想してしまうこともありがち。

会って話す機会を作らないことには、真の目的が果たせないのよねー。

とりあえず対話することができて、ボスに感謝です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら