部下さんは上司を助けるもの?いえいえ、上司が部下さんを助けるもの 管理職15年の私の信条

広告

こんにちは。女性管理職15年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

隣チームのマネージャーが部下さんへ指導的なメールをしているなかに、なぜか私もccに入っています。
その文面をみて少々驚きました。

「部下は、上司を助けるものなんです」

えっ?それってどういうこと?

マネージャー氏と話をしてみました。ご紹介します。

「部下さんは、上司を助ける」その心は?

今回の部下さんは、チームリーダーのうちの1人です。

そもそもの相談は、

あるプロジェクトについて話し合うときに、先輩格の別のリーダーが感情的になったり否定的な意見ばかり出すので困る。後輩の自分からはなかなか注意しづらいので、助けてもらえませんか?との内容。

ふむふむ。そこは上司が出ていって交通整理しないと。私はそう受け止めました。

ところがマネージャー氏の返信に書かれてあったこと、それが「部下は上司を助けるものなんです」

その心は。

あなたにはリーダーを任せているのだから。期待されている役割を理解して欲しいです
先輩だったとしても、私には頼らないで、まずは自分から直接意見をぶつけてください
上位者の時間を奪うのではなく、それを手助けする。リーダーにはそんなマインドを期待します

言いたいことの理屈は解ります。「助ける」という表現はどうかと思いますが、困難があっても主体性をもってまずはチャレンジを。それが趣旨のようです。

さらに、付け加えられていたこと。

「私自身も、自分の上司をサポートするのが使命と思っています」

あなたに言うだけでなく、自分もそうやって行動しているんですよ…と伝えることで、理解を深めてもらいたいのでしょう。

「上司は部下さんを助ける」それが私の信条

一方、私はというと。

このマネージャー氏とは正反対で「上司は部下さんを助ける」そして「部下さんドンドン私の時間を使ってください」

リーダーを任された部下さんだって、しっかりチームを束ねようとしているのは揺るぎない。
でも、先輩が上手く立ち回ってくれなければ、イライラが募ることもあります。だからこそ助けを求めてきたのです。

理屈ではなくて感情に寄り添う

それが私の信条です。

管理職であっても、もちろん上司は居ます。でもね。私は上は見ないの。なんかあったときに支えてくれさえすればいいんです。言葉は適切ではないかもしれないですが、上司とは"刺身のツマ"みたいな存在。

マネージャー氏のように、自分がサポートをする存在だなどとは思ったこともありません。

とにかく、自分の眼は部下さんたちに一心に注ぐ。そうしなければ、見るべきものも見えなくなってしまう。

そうしてこの15年間をやってきました。

どちらのタイプがいいとか悪いとかではない

とはいえ。私の方針が絶対とは言いません。

これまでに、ステージを上げていってくれた部下さんたちもいてくれて、活躍の様子は本当に嬉しい。
ただ、私には支援が叶わなかったけれど、もっと成長できていた人たちもいたのかもしれない。

マネージャー氏の方針、共感はできませんが、もしかしたら、そのやり方が部下さんのタイプによっては適切な場合もあるのでしょう。

どちらがいいとか悪いとかではなくて、大切なのは上司自身が「これが信条」ということをしっかり決めて、部下さんたちに伝えていくこと。

私はこれからも「上司は部下さんを助けるもの」という考えを変えるつもりはありません。

最後にひとこと

その後、リーダーさん。ショボンとしている姿が気になっている。

直接意見をぶつけてください…と言われてもできないときもあるよね。

ついつい、助けてあげたくなってしまうけれど、とにかくマネージャーの言う通りにやってみて。
心の中でエールを送ってみます。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら