テレビを観ない私にとって、テレビとは「ただのインテリア」な件

広告

私は普段、テレビを観ません。特に必要性を感じていないからです。

一方、我が夫はテレビ大好き。夫が居るときはいつもテレビが点いています。
好きだとかそうでないとかは、人によって異なるし、家族といえどもしかり。

お互いの嗜好は尊重するのが良いと思っているので、テレビが点いていても、まあしゃーない。
気にしないようにしています。

とあるとき。

夫が実家に帰省、私は2日ほど留守を預かることとなりました。
すると、我が家のテレビは全く用を成しません。

ただの「黒い箱」的に、リビングに鎮座しているだけです。

室内には何の音もしない。わずかに、ペットのクサガメが水槽内を行ったり来たりする音のみが聞こえてきます。

なんて静かなのだろう。

実は、こうしてブログを書き始めるまでは、私も「テレビっ子」でした。
朝はワイドショー、夜はニュース、休日は2時間ドラマ三昧(笑)

でも、自分で情報発信するようになってからというもの、ぼーっとテレビを観ている時間が勿体ない。隙あらばモノ書きしたい…と思うに至り、そして観なくなりました。

テレビを観ることが、いいとかわるいとか言うつもりはありません。
ただ、今の自分にとっては必要が無くなった、ということ。

現在の住まいに転居してきて、大枚はたいて購入したテレビ。それはそれで思い出があるから。
ある意味「ただのインテリア」と化してしまっているけれど、全然いいのです。

点いていないテレビ、というのも何やら乙なもんだ。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら