「箱」は開けたら、閉じねばならぬ クライアントさんとの対話であらためて気付いた【女性管理職の仕事日記2019.9.19】

広告

ここのところクライアントさんとの対話が続いていました。
業務上の不具合があって、その対処方法について報告と相談が必要になったからです。

相談事というのは「箱」のようなもの。

まず「第一報」をして「箱」を開ける。
そして、完了したら必ず「箱」を閉じる。

対処している間は一生懸命取り組みますが、ことが収まって「やれやれ」となってしまうと、
つい、最後の「閉じる」を忘れてしまいがち。

今回はそんなお話です。

なにはさておき「第一報」

不具合が発生した際は、その検証をしたり解決策を模索したり…対応には時間と手間がかかるもの。
しかし、とにかく「第一報」

クライアントさんへ、しばらくご不便をおかけしてしまうかもしれない。
詳しいことは判明していないけれど、まずは起こった事象について報告をします。

こうして「箱」が開く。

「状況がはっきりしてから相談してきてください」と言われることはまず、ありません。
むしろ、遅くなるほど「なぜ直ぐに報告が無かったのですか?」とお叱りを受けます。

今回も「分かりました。回復したら、また教えてください」と返事をもらいました。

対応に追われると、大切なことを忘れそうになる

その後、関係各所との調整や対応に追われてしまう。
時間が長引けば長引くほど、だんだんメンタリティも疲れてきてしまいます。

途中何度か「この件は対応可能ですか?」などとクライアントさんからの問い合わせがある都度、
「この形ならば対応可能です」「これは回復後にさせてください」
お答えするのにも精一杯。

なんとかかんとか回復にこぎつけたときは、つい、安堵してしまい、最後に大切なことを忘れそうになります。

箱はまだ"開いたまま"なのです。これを閉めなければなりません。

「完了の報告に返事」で初めて箱を閉じることができる

完了の報告。
「やっと回復の運びとなりました。ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。再発防止にメンバー一丸となって取り組む所存です。」

自分達が100パーセント悪くなくとも、トラブルというのは発生することもある。
でも、平時と異なることが起きてしまったら。
お詫びして、対処に尽くすことが、仕事を受けている側の務めだと思います。

幸いにもすぐ返事がきた。
「報告ありがとうございます。大きく不便なことが起きていなかったので、大丈夫ですよ。回復とのことにて、安心しました。」

心配をかけてしまっていたことにあらためて反省、これでようやく「箱を閉じる」ことができました。

今日の一言

ちょっと気が緩んでしまうと、つい「開けっ放し」になっちゃうことって、ありがち。

何事も「閉じる」ことが大切なのだと、クライアントさんからあらためて教えてもらった出来事です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら