韓国のオモニの味「チャンアチ(醤油漬け)」作り うめちゃんの発酵教室

広告

韓国料理を食べるときに、付け合わせでよく見かける醤油漬け「チャンアチ」
旬のお野菜を漬け込んで長く楽しめる保存食です。

これが、自宅でも手軽に作れる!

発酵食の師匠・梅村小百合さん主催『うめちゃんの発酵教室/韓国のオモニ(お母さん)の味 醤油漬け3種』で、チャンアチの作り方を教えてもらいました。

さっそくご紹介します。

夏の旬野菜3種のチャンアチ

今回は、初夏〜夏にかけての旬野菜を使ってのチャンアチ。

  1. ニンニクの芽
  2. 青唐辛子
  3. エゴマ

の3種です。

漬け汁に使う調味料はお醤油、酢、唐辛子、お砂糖などシンプルなものばかり。

梅村さんが、あらかじめ下ごしらえ(塩水に漬けておく)をしておいてくれます。

瓶に野菜を詰める

まずは、瓶に入る量を測って、野菜を詰めます。

オモニたちは、見た目も綺麗に詰めるのが得意のようですが、私はあまり上手に詰められませんでした(笑)

漬け汁を上から注ぐ。一緒に煮込んだ生姜も加えます。

できた!作り方もシンプルで簡単なのがありがたい。これを一定期間保存すると食べごろになります。待ち遠しいなー。

一方、エゴマはジップロックなどで、漬け汁と一緒に合えます。コチラは翌日くらいから食べられるとのこと。

試食タイムも嬉しい

『うめちゃんの発酵教室』のもう1つの楽しみが「試食タイム」
梅村さんがあらかじめ漬け込んでくれた、チャンアチを使ってのお食事がいただけます。

どれも絶品!お豆腐や海鮮炊き込みご飯との相性も抜群。ご飯が進みます。

自宅に持ち帰り、出来上がりを待つ

完成した「マイチャンアチ」を自宅に持ち帰ります。
我がキッチンに並んでいる瓶たちをアイキャッチにしました。美味しく漬かってくれますように…。

なお、残った漬け汁を分けていただき、梅村さんに教えてもらったメニュー「鳥手羽の煮込み」を作りました。
漬け汁で煮込むだけ。美味いーw

エゴマは厚揚げ焼きにトッピングして食べてみました。お酒のアテにピッタリ。

今日の一言

食材にこだわって、シンプルな作り方を基本として、美味しい発酵食や保存食を教えてもらえる。
自分の料理レパートリーが広がるのもとても嬉しいものです。

「うめちゃんの発酵教室」
詳しくは、梅村さんが運営しているキッチンスタジオ「Kitchen Bee」のサイトをご欄ください。

これまでに参加したクラスについては、コチラの記事もどうぞ。

チュジャンは万能調味料 「うめちゃんの発酵教室」 Blavo!発酵食品
うめちゃんの発酵教室 寒造り味噌仕込み 10ヶ月の発酵の時を経て完成!
うめちゃんの発酵教室『イカの塩辛仕込みクラス』 持ち帰った一夜干しのイカで再び塩辛を作った "二度美味しい"が楽しめる
新玉ねぎ、春キャベツ、ニラで作る「春キムチ3種」 ササッと出来てすぐに食べられるのが嬉しい うめちゃんの発酵教室

どのクラスも素晴らしい内容ですが、「ぬか床クラス」で教えてもらった"ぬか漬けライフ"を毎日楽しんでいます。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら