「必要な情報はすぐさまシェア」 円滑なコミュニケーションのために、川の流れのように伝えていくことが大切【女性管理職の仕事日記2019.7.22】

広告

業務上必要な情報。

入手した人が関係者にその都度共有することが望ましいですが、それを持っている人の習性によっては、自分だけで抱えてしまったり、必要な人に届けていないこと起きがちです。

今回は「円滑なコミュニケーションのために、情報を止めない」ということについて書きます。

ちょっとしたことでも、伝えておくと誤解が生じずに済む

職場で起こった出来事。担当者が相次いで私のところに相談にきます。

私は基本的には「自分だけで抱えない」主義なので、質問されたことについて可能な範囲で説明することにしています。

すると、

「そうだったんですねー。同じ社内なのに知りませんでした。もっと風通しをよくしたいですね」
「その後、リーダーから説明がなくて、不安になってしまいました。状況が分かって安心できました」

内容を聞くと、そんなに複雑な課題ではなくて、どちらかというとシンプルなもの。

ちょこっとした情報でも「すぐさまシェア」をしておけば、無用な不安や誤解を生じさせずに済むのに。

それぞれの上長は、「かかえてしまうタイプ」のようです。

まずは第一報だけでも出しておく

現場のリーダーだから、業務に追われて忙しい。
だからつい、かかえてしまいがちなのだろうけど。

逆にそれが非効率の原因になってしまったりするのだから、どんどん出していけば、溜め込まずに済む。

まずは第一報だけでもいいので、メールで関係者に送っておけば、数分しかかかりません。

ちょっと気をつけるだけで、物事が円滑にできる。
やらない手はないです。

「必要な情報」とは、川の流れのように伝えていく

必要な情報というのは、川の流れのように伝えていくように心がける。

堰き止めてはいけないのです。

管理職である私は、職責上さまざまな情報を得る立場にあります。
なんでもかんでも出せばよい…というものではありませんが、業務に関わりあると思われるものは、惜しみなくシェアすることにしています。

もし、私だけが知っていたまま、例えば急に病気になってしまったら…誰もそれを知りえることができない。
仕事というのは、それでは回りません。

「素早く流す」
少し大げさかもしれませんが、ある意味「危機管理対策」でもあります。

もちろん、出すべきものと、出すべきではないものを選り分ける。
ここは「勘どころ」が必要です。

特に、「人」にまつわるもの。ここはぜひ慎重に取り組む。
それ以外は、たいてい共有しても問題ないと思います。

今日の一言

仕事をしている私達は、時間にも追われている。

だからこそ、必要のない「詰まり」をひとつでも少なくすることが、業務効率にとっても、コミュニケーションにとっても、大切なんだよねー。

川の流れのように。
サラサラと仕事が進んでいくと、気持ちがいいものです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら