『ものくろブログ保険サービス』 WordPressの不具合、何かあったときのために心強いサポートです

広告

世の中には、「何かあったとき」の「何か」という出来事が不意に訪れるものです。
そのために「保険」という防御策がある。

今回は、この「保険」に本当に助けられたというお話。
私が利用している『ものくろブログ保険サービス』のおかげです。

ブログ記事の全文字が、隙間なく連なってしまっている

下書きしていた記事をガッツリ仕上げよう!と意気込んで、WordPressの管理画面を開いたら。

なにやら様子がおかしい。
記事中の全文字が、隙間なく連なってしまっているじゃありませんか。

な、な、なんだなんだコレは!
他の記事も見に行ってみると、全て同じ状況に陥っています。下書きだけでなく公開済みのものも、全てです。

パニックになりました。
実際にウェブで見てみると、当然「記号」は表示されていないものの、改行が無効になっていて文字がビッシリ。

こんなんじゃ、読みづらくて仕方ない。読者さんに申し訳ない。どうしよう、どうしよう。

そんなときに強い味方になってくれるのが、私が加入している『ものくろブログ保険サービス』です。

さっそく、運営者であり私のブログコーチでもある、ものくろさんにSOSをしました。

事象をできる限り分かりやすく伝えて、対処してもらう

かなり慌てています。かなりテンパっています。

でも、「落ち着いて、落ち着いて。きっと助けてくれるから」と言い聞かせて、まずは冷静を努める。

そして、起こっている事象について、メールやメッセンジャーを介して…となるので、できる限り分かり安く伝えるように心がけます。

おそらく、講座中だったのにも関わらず、程なく返信をもらい、いくつか質問をくれます。
さらに具体的にお伝えすべく、実際の画面スクショを送って見てもらう。

すると。

「おやー。『Pタグ』が入ってしまっていますねー」
さらに、質疑応答を経た後に、
「どれかのプラグインが影響を及ぼしている可能性があります。調べるので、ちょっと待っててください」と一次回答をもらえました。

その後も、都度進捗状況を伝えてくれる

合わせて「ねーさんのブログそのものが壊れているワケではないので、安心してください」とのメッセージも。

この「一次回答と、そのものはOK」で、どれほど救われたことか。
ここは全てものくろさんにお任せして、私はその診断結果を待つことにしよう。だんだん心が落ち着いてきました。

その後も、定期的に進捗を教えてくれます。
「今、ここを調べています。」「まだ究明できていないので、もうちょっとお待ちください」

そして1時間ほど経過した頃でしたでしょうか。

「原因が分かりました!やはり、あるプラグインのアップデートにより不具合が発生してしまったと思われます」
そのプラグインを一旦無効化とし、おかげさまで現状回復ができました。

元に戻ったそれぞれのページを見て、心底ホッとするとともに、短時間で解決してくれたものくろさんに、感謝の思いでいっぱいです。

なお、この不具合は今のところ、私のブログでのみ発生しているようで、全般的な事象ではないとのことです。

分からないことを知ろうとするより、専門家に委ねる

何しろ、テクノロジーにはからっきし弱い私。
「Pタグって、なんだ??」お恥ずかしいことに、そんなレベルです。

一生懸命学んで習得するのも1つの方法ですが、その時間があったら、一本でも多く記事を書くことに専念したい…というのが私の考え。

だからこそ、専門家にしっかりサポートしてもらえる事がとてもありがたい。

とくに「何かあったら」の「何か」はいつ訪れるか分からない。
『ものくろ保険サービス』に、ブログも私の心も、助けてもらいました。

今日の一言

おかげで、こうして記事をスラスラ書くことに、また専念できるようになりました。
不具合の渦中には怖くて触れなかった過去記事も、開いてリライトもできる。こんなに嬉しいことはありません。

ブログは私にとって命綱みたいなものだから。

保険に入っていて本当によかった。備えって大事。
あらためて実感しました。

『ものくろブログ保険サービス』
月額1,650円(税込)で、以下のいずれかの条件であれば、誰でも加入できます。

  1. Xserverを利用している。
  2. Xserver以外の場合は、バックアップの有料サービス「ValutPress」を契約する。

※2019年7月現在

詳しくはコチラ

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら