仕事に行き詰まっている部下さんに伝えてみる 「人生で、ムダなことなんて何も無い」【女性管理職の仕事日記2019.7.6】

広告

部下さんとの1on1面談をおこなっています。

今回面談したメンバーは、仕事にも周囲とのコミュニケーションにも行き詰まってしまって「もう、私ムリです」と訴えてくる。

そんなときの、私の面談法について書きます。

これまでの経験にこだわらず、まっさらで捉えてみることが大切

未経験で入社して来られて、指導を受けながら現場デビューを果たしてゆく。

この部下さんもそうした過程を経て業務遂行しているのですが、なかなか上手く進められない。
先輩方からの厳しいコメントが飛んできます。

「私はこれまで、結構な経験を踏んできているのです。そんなふうに言われるのは辛いです」

なるほど。

あなたの「結構な経験」は素晴らしい。
でもね。

新しいことに取り組むときは、それをさて置いて「まっさら」で捉えることが大切。
先輩が何かを伝えたいと思っているのだから、きっと自分も何かを受け止めなくっちゃ。って思うといいよ。

それでも、まだなんとも納得出来ない様子です。

「私はできている」という思いを止める

「私はできているんです」と言います。

ある部分ではきっとそうなのでしょう。でも、指導を受けるというのは「ある部分ではできていない」ということなんだよね。

そしたらさー。
「できている」という思いをいったん止めてみて、「できていないことはどこだろう?」って思ってみたらいいのじゃないかしら。

誰しも、いつになっても、できていないことがたくさんなんだから。
指摘されることで、今まで見えていなかった色々なことが見えてくる。それってラッキーだよね。

人生で、ムダなことなんて何も無い

そんな話を進めつつも、どうにも腑に落ちない模様。

だったら、新しいプロジェクトにチャレンジしてみますか?と問うてみると
「これまでせっかく覚えてきたことが、全部ムダになってしまう」との返答。

あのねー。

人生で、ムダことなんて何も無いから。
あることを覚えて、それを実際に使わなかったとしても、別のあることにきっと応用できるのよ。

結局。

どうしたいのか。どうありたいのか。
そのためには、何をすればいいのか。

仕事とは、それを突き詰めていくことなのだとも言える。

私も、あっちこっちにぶつかりながら、目標に向かって進んできたよ。
上司というよりも社会人の先輩として、そんなふうに伝えてみました。

今日の一言

さて、この部下さんはこれからどうなっていくのだろう。

決めるのは本人。でも、それをサポートするのが私の仕事。
しばらく見守りつつ、また対話をしてゆくこととしよう。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら