令和最初の夏 「万葉集」で草花や鳥に思いを馳せる

広告

令和最初の夏を迎えようとしています。

この元号の由来となったのが「万葉集」
令和の出典元である、同集・梅花の歌序文「于時、初春月、氣淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香」

時は初春の令よい月(※この場合『令』は“物事のつやがあるように美しい”の意)であり、空気は美しく、風は和やかで、梅は鏡の前の美人が白粉おしろいで装うように花咲き、蘭は身を飾る衣に纏う香のように薫らせる
ー現代日本語訳 Wikipediaより引用

そこで、万葉集にある「夏の歌」も見に行ってみます。例えば…

霍公鳥(ほととぎす)待てど来鳴かず菖蒲草(あやめぐさ)玉に貫く日をいまだ遠みか(大伴家持)
「霍公鳥を待っているのにやって来て鳴いてはくれない。菖蒲草を玉に貫く日がまだ遠いからだろうか」

ひさかたの 雨も降らぬか蓮葉(はちすば)に 溜まれる水の玉に似たる見む(読み人知らず)
「雨が降ってくれないだろうか。蓮の葉にたまった水が玉のようになるのを見たい」

季語として出てくる「菖蒲」「睡蓮」を眺めたくなってきました。

明治神宮御苑

ちょうど二年前の同じ日。「明治神宮御苑」にこれらの花々を見にいっていたことを、Facebookの「過去のこの日」機能で教えてもらいました。

なんという偶然。

あらためて当苑を訪れてみたくなったものの、平日でしかも雨天続き、なかなか身動きが取れず。
せっかくリマインドしてもらった画像をブログにも収めておこう。

菖蒲

苑内の其処此処には菖蒲のお花畑。

白いお花もあります

睡蓮

池一面に広がっている睡蓮。どこか幻想的です

なお、この苑の名所のもうひとつが「清正井」(きよまさのいど)よろしければコチラの記事もどうぞ。

ホトトギス

一方、短歌や「天下人3人(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)の『性格』という題材」で後世の人が言い表しているたとえで出てくる"ホトトギス"残念ながらその姿を見かけることは難しい。

コチラは図鑑で眺めてみました

あら。なんだかカワイイなー(笑)

今日の一言

万葉集から夏への思いを馳せる。そしてそこに出てくる草花を見たくなる。

画像は、以前持っていたAndroidスマホに格納していたもので、今となっては見ることができない。
このように「リマインド機能」で往時の風景を楽しめるというのも、SNSの醍醐味です。

また、万葉集を手軽に楽しめるこんな本も嬉しい。エッセイ調でとても読みやすいです。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら