クリスマスの準備は何をする? 簡単なことでも思いつくままに備えて、季節のイベントを迎える

広告

こんにちは。仕事と主婦業で忙しい、ねーさん(@nesan_blogger)です。

気がつくともうそろそろクリスマス。

ねーさん

子どもも独り立ちしたし、夫婦2人だけで大したこともないし…

などと、つい準備が億劫になりがちです。
しかし、せっかくの季節のイベント。思いつくままに備えてみて、その日を迎えればよいのですよね。

私の"超簡単"クリスマス準備について、紹介します。

ツリーとリース

クリスマスツリーは、子どもが生まれたすぐに、飾り物とセットになっているものを買いました。
高さは50cmくらい。

箱から出してこのまま玄関に飾るだけ。木もプラスチックですが、もう30年近く使い回しているので、「出来合い」のものでも全然気になりません。ツリーを出すと、クリスマス気分が実感できます。

最近は、電飾付きのものなども手軽に購入できるのが嬉しいですね。

リースは近所の花屋さんで安売りしていたもの。こちらは使用10年くらいですが、少々花の色が褪せてきちゃったなー。
クリスマス用のみではないようなので、サンタの人形と共に、玄関ドアに下げています。

よりクリスマスらしいもの…だとこんな感じも良さそうです。

ポインセチア

クリスマスの植木といえば「ポインセチア」。花屋さんで赤い葉っぱの鉢植えが賑わっています。
実はこのポインセチアは2年前に購入したものです。

以来、赤い葉っぱではありませんが、すくすくと伸び続けているので、毎年新たには買わずこちらを飾っています。

花屋さんに行く時間が無いようだったら、ネットショップでも色々なものが見つかります。

シュトーレン

クリスマスならではのスウィーツといえば「シュトーレン」。ドイツの伝統菓子です。

ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェント(待降節)の間、少しずつスライスして食べる習慣がある。フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされている。
ーWikipediaより引用

毎年、どこのお店で買おうかな?と悩むものですが、今回はベーカリー「ドンク」のものにしました。
あらかじめ2切れ小分けにしてあるパックも売っていて、まずはそちらで味見をしつつ、一切れずつ切って食べていこうと思っています。

スライス2切れは432円、一本は1,836円(いずれも税込、2019年12月現在)
未開封での賞味期限は約1.5ヶ月です。

ネットショップでは取り扱っていないようですが、各店舗にて販売中。コチラの記事をご参考に。

定番&新定番!人気ベーカリー「ドンク」が作る欧州のクリスマス菓子3選|ウォーカープラス

ドンクのお店|ドンク – DONQ –

音楽

これは、"準備"ではなくてすみませんが、クリスマスになると聴きたくなるのが、マライア・キャリーの「All I Want for Christmas Is You」

別記事で書いていますので、よろしければご覧ください。

今日の一言

以上が、私の"超簡単"クリスマス準備です。

当日は、自宅で過ごすことがほとんどですが、実際に何を食べたり飲んだりするかは、その前日か当日に買い物に行って決めています(笑)

街中のイルミネーションも、すっかりクリスマス仕様になってきました。

クリスマスが終わると、あとは年の暮れまでまっしぐら。

ねーさん

あと少しになっちゃったけれど、この年の終わりを楽しもう。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら