10年使用、気に入って愛着もあるペンダント 繰り返し修理して引き続き使える

広告

10年ほど前にデザインが気に入って購入したペンダント。
最近になって何度も壊れてしまい、繰り返し修理して引き続き使うことができました。

ヘッドは一見「ダイヤモンド」のようだけれど、キュービックジルコニアという素材。
チェーンは購入当時はホワイトゴールドをロジウムコーティングしたもの。

トータルで15,000円くらい。
その後、チェーンが黒ずんできてしまったため、他の店でホワイトゴールドのチェーンを買いなおして今に至ります。

ところがとある日。うっかり着ているものに引っ掛けてしまい、切れてしまったのです。

そしてその後もさらに破損、短期間に2回も修理する羽目となりました。

ショップへ持っていく

そもそも購入したときのお店は、自宅から少し遠いところにあるため、チェーンを買いなおしたショップへ持っていきます。

もう、見た目そのものから「プッツリ」切れちゃっているのが明白。

すると店員さん、笑顔で即答をくれます。
「うちの工場で熱を加えてつなげることができますよ。加工料も1,500円くらいです」

新しいものを買おうとしたら、そもそも同じものは見つからないかもしれないし、仮に似たものがあったとしても、また1万数千円かかる。

なんという朗報でしょう。さっそく修理をお願いしました。

修理が終わったと思ったら、またしても・・

数週間後。出来上がってきたそれを見て、まったく元通りになっているのに感激。

嬉々として自宅に持ち帰り、はずしておいたペンダントヘッドに通そうとしたら「ぶつっ」となにやら不吉な音が・・
なんと、先の留め金が取れてしまった!

わーん。修理から帰ってきたばかりなのに(泣)途方に暮れてしまいました。

再び修理に出す

仕方がない。もう新しいものを探すしかないか・・と思いをめぐらすも、とにかく愛着があってお別れがしがたい。

あらためてショップに行って相談します。
店員さん、虫眼鏡を駆使して点検してくださるのですが、表情がドンドン険しくなる一方。

「うーん、この先の箇所がとても細くなっていて、既存のパーツがはめられなさそうです」

がーーん。

「あ、でもチョッと待っててください」
店員さん、バックヤードにカタログを見に行ってしばし経ったのち。

「もしかしたら、オプションのパーツが取り付けられるかもしれません。」

おおーーっ。

そしてコンピュータを叩く。しかし、またしても険しい表情。

「おっと・・このパーツ、欠品になってますね」

ぐぬぬーー。

その後、アレコレやりとりが続き、一旦預かってもらうことにしました。

パーツが見つかりました

かくして「一喜一憂」を経た数日後。電話がかかってきます。
「なんとか、マッチできそうなパーツが見つかりました。ただ、4,000円ほどかかりそう、あとお時間も1ヶ月くらい見ていただく必要が・・」

もう、こうなったら、一蓮托生(笑)
値段がかかろうが時間がかかろうがお願いするっきゃない。

ということで、ふたたび工場行きとなりました。

とうとう修理完了!

そして、数週間。
「思ったより早く出来上がりましたよー」と嬉しそうな店員さんのお電話。

仕上がってきた我がペンダント。先端に新しい部品が"きらーん"とついている。嬉しくて思わずウルっとしちゃいました。

やれやれ。これでようやく一件(二件?)落着です。

今日の一言

好きなモノっていうのは、とことん拘りたくなってしまう。

せっかく出会ったそんなペンダントだから。修理費は5,000円ほどかかってしまったけれど、引き続き使うことができてありがたい。これからはもうちょっと大切に扱ってあげるとしよう。

我がアクセサリーが今回お世話になったショップはコチラです。
TSUTSUMI

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら