自宅の「大規模修繕」 5ヶ月経過してベランダが完了、日当たりが元に戻った

広告

ただいま、我が自宅マンションは大規模修繕中。

開始から5ヶ月経過して、ようやくベランダが完了。大分進んだと実感ができつつあります。

ベランダの「ビフォーアフター」

当初は、ベランダのすべてが「足場と防護シート」で覆われて、洗濯物干しも日当たりもままならない状況がストレス。

「網一枚」あるだけで、太陽光の届き具合に大きな差があることには驚きました

敷いていた「ユニットタイル」も剥がして、さらにその下の床部分も剥がして…むき出しになったコンクリート床の写真は撮り忘れてしまいましたが、かなり悲惨な状況

ようやく足場と網が撤去され、壁や床の補修も済んだ。
その明るさに思わず嬉しくなって、洗濯物が外に干せる喜びをあらたにかみ締めました。

最後に、ユニットタイルも貼り直して、5ヶ月経過後この部分は完成。

日当たりが完全に戻ってきたことが、とにかく嬉しい。全景はアイキャッチにしました。

あとは通路、外装の完了を待ちます

一方、共有部分の通路や外装はまだまだ改修中。当初工期は半年間でしたが、まだもうちょっとかかりそうです。

月~土まで、毎日多くの職人さんたちが対応してくれています。

今日の一言

古くなったものが、直されてゆく様子。
「大規模修繕」は初めての経験ですが、その移り変わりを見守るのもまた楽しい。

建物って、こうして維持されてゆくのだなー。

修繕が全完了した際は、また記事に書きたいと思います。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら