食器は必要最低限のものを使いまわす 家事の時間と手間を省くのに役立っています

広告

食器類(とくに陶磁器)が好きです。
旅先で買ったり、お土産にもらったりしては集めていました。

ただし「取り扱い注意」な物も多いので、普段は、頑丈で扱いが容易なもの(しかも、電子レンジ&食器洗浄機使用可)を必要最低限数で使いまわす。これが「時間短縮」にもつながります。

もっとも取り出しやすい場所に、つねに収納

食器棚にはイロイロと収納してはおりますが、普段使いの「定番」ものは、一番取り出しやすい棚の中段あたりにつねに配置しておきます。ラインナップは以下のような感じ。

お皿

スーパーで購入したり、結婚式の引き出物(カタログから選べるもの)でそろえたり。シンプルなものが多い。

平たいお皿よりも、「ボウルタイプ」のほうが多いなー。サラダや果物も、こういうタイプに盛り付けています。

ピーターラビットのボウル皿は、息子が誕生したときに母からプレゼントしてもらったもので、もう、25年以上も使っているw

お茶碗

お茶碗は、結婚のお祝いに同僚からもらったセットのなかの一部。実はあまり気に入ってはいないのですが(笑)なにせコチラも20年以上も使っているので、これはこれでヨシ。

マグカップ

温かいものを飲むのは、我が家では実は、ワタシひとりだけ。マグカップはめったに買わないのですが、最近観に行ったライブでもらった物を、ここのところ使っています。

箸、カトラリー

箸は数年前に旅行先で見つけた輪島塗。スプーンやフォークは近所のスーパーで買ったもの。
数年経つと劣化してしまうので、その際は買い換えます。

グラス

グラスといえばもう「100均」ばかり。容量が多く、ちょっとくらい落としてもビクともしない。
数年使っていると曇ってきてしまうので、頃合を見計らって買い換えています。
冷たい飲み物をしょっちゅう飲んでいる我が家族にとっては、グラスはもっとも出番の多い食器。
食器棚ではなく、キッチン上の棚につねに置いています。

同じものを何枚も揃えない

こうしてあらためて並べてみると。

同じものが多くて2枚、「1枚もの」も結構ある。
我が家族3人とも、悲しいかな食事時間がバラバラで一同に介することがあまりない。
なので、揃ってなくてもあまり気にならないのです。

とくに息子と夫は時間がかなりズレるため、息子が食べ終わったものを、ささっと水で流して乾かしておき、夫にまた同じお皿を使う・・というのもしばしば。

ワタシは、調理しながらツマミ食いで済ましてしまう(笑)のが常だったりして、実質、1人分の食器の量で済んじゃうこともあります。

「お酒」関連のグラスは、ちょっといいものを使う

一方、お酒を飲むときのグラス。

普段、チビチビやるのには、安いグラスを使っていますが、週末にワインやウイスキーで家飲みするのが我が家の「行事」。グラスもちょっといいものを使っています。

本来は、食器洗浄機NGのようですが、手で洗うよりもキレイになるので、これらも洗浄機で洗っちゃう。他のものと重ならないように丁寧に並べれば、今のところ大丈夫のようです。

気に入って集めた陶磁器は、お正月に使う

普段は食器棚の奥に仕舞ってある、気に入った陶磁器。
これらは、お正月に取り出してきて、年一回使うことにしています。

今日の一言

「なんの食器に盛り付けようかなーー」と悩んでしまうと、つい、作業が進まなくなってしまうワタシ。
こうして「定番化」しておき、使う量や取り出す手間も最低限にしておくのが、時間短縮には便利。

とはいえ、時折、良質な食器で食事をいただきたい。
つねに「時間短縮」「時間短縮」と叫んでいないで、たまにはゆったりと。

そんなふうに「晴れとケ」を使い分けたりしつつ、家事を楽しむようにしています。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

Follow me!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から993記事連続、毎日更新中。(2019年6月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら