「新社会人の母」 2週間が終わっての感想

広告

この4月から息子が新社会人となりました。なんだかハラハラしつつも見守る毎日。

この2週間で感じたことを書いてみます。

2着のスーツ

入社前もずっとその会社でアルバイト(インターンシップ)に行っていて、カジュアルな服装だったので、てっきり、そういう社風なのかと思いきや・・4月1日からは毎日スーツです。

近所の「紳士服チェーン店」で黒と紺の2着を新調。

入社式から始まって最初の1週間は黒。2週目もそのまま着て行こうとしていたので「ちょっとちょっと。交代交替にしたほうがいいよ」と伝え、2週目は紺。

放っておくと、ネクタイも毎日同じのをしていきそうな勢いだったので、夫が何本かプレゼントしてくれました。

某日は「飲み会」(おそらく歓迎会?)だったらしく、帰宅した途端にバタンキュー。
しかも、スーツのまま寝てるじゃないの(汗)途中で気づいて着替えたものの、シワくちゃに。
仕方なく、再び黒のスーツに戻る。

その様子に、いちいち反応してしまう自分が、なんだか可笑しい。

生活習慣

学生時は帰宅すると、夜遅くまでテレビやYouTube三昧、いつの間にか寝落ち・・みたいな毎日でしたが、さすがに社会人ともなると、帰宅後は比較的早く寝るようになった模様。

ダラダラとスナック菓子をつまみながら、ちびちびお酒を飲むという趣味(笑)も、しばらく封印しているようです。

朝もかなり早く出かけて、おそらく会社の始業(9時)よりも30分以上早く出社していると思われる。
夫もそのタイプなので、我が家ではワタシが一番遅く家を出ることとなり、おかげで「帰宅したら、息子が散らかしっぱなし状態のままになっているストレス」からは開放されました。

「本を読んでいる青年」

とある朝。
たまたまワタシと同じくらいの時刻に出ることがあり、ホームで電車を待っていると、
「本を読みながら立っている青年」が視界に入った。

あの背中、カバンは、誰あろう我が息子じゃないの。

これまでは、一緒に出かけるときなどは、電車を待っているときも乗っているときも、常時スマホとにらめっこの彼の姿しか目にしてこなかったけれど・・なんだか嬉しくなりました。

なんとか、やっているようだ

新社会人。今までに無いストレスもきっとあるのだろう。息子、やや打たれ弱いタイプみたいだから、大丈夫かなー。「5月病」にならないかなー。

自分のことは「どんと来い」なワタシなのに、息子のこととなると。ついつい心配ばかり。
自分の靴を磨くついでに、息子のも磨いてあげちゃう・・とか、ついつい過保護になったり。(夫のはスルーなのに、笑)

なんとか、やっているようだから。

いちいち一喜一憂せずとも、よし。

今日の一言

まだまだ「スーツに着られている」ような風情だけれど、本日は金曜日。セーターに綿パンで出勤してゆきました。
どうやらカジュアルデーらしい。
なんか、こっちのほうが見慣れた感があるなー。そのうち逆転するのかな?

新社会人の母。よく考えたら、この時期って案外貴重なのかも(笑)
長いような短いような2週間でした。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら