組織再編 管理職として私が気をつけている3つのこと

広告

毎年4月になると、組織の再編成(再編)が行われることが多い。我が勤務先も同じです。
会社も人間と同様、試行錯誤の連続。

それが、身近に起る場合とそうでない場合と、それぞれあるのですが、先頭立って進めてゆくのが、管理職のお仕事。

そんなときに私が気をつけていることは、以下の3つです。

  1. 再編の目的を伝える
  2. リーダーさんとの密なコミュニケーション
  3. 現状を整理して、ひとつずつ、ひとつずつ

もう少し詳しく書きます。

再編の目的を伝える

再編を決定するのは、会社のトップですが、その趣旨を理解して「なんのために再編するのか?」をメンバーさんたちに、しっかり伝えます。

変化とは、モノゴトをより良くするために必要なこと。

現状が慣れているし、変わることに抵抗感をもってしまうのも、人間の習性。
自分自身も経験がありますが、「何かが変わる」となると、それが大きければ大きいほど、最初は心にブレーキがかかってしまいます。

まずは、その「ワケ」を知る(最初から「理解」に努めなくてもよい)ことで、少しずつブレーキがアクセルに変わってゆける。
そして、「変化して、よかった」となれるために力を尽くすのが、責任者の役目なのだと思っています。

リーダーさんとの密なコミュニケーション

一方、業務実施は、それぞれのリーダーさんにお任せしているので、なにより大切なのは、彼らとの密なコミュニケーション。
まず、現況について詳しく教えてもらい、再編後はどのように進めてゆきたいか?意見も聴いてみる。

リーダーさんのキャラもさまざまで、日頃考えていることを、ここぞとばかりに「ぶわーーーっ」と話をしてくる人や、対称的に、「会社の決めたことに従います」っと、妙にさらっとしすぎている(笑)人や。

とにかく、リーダーさんを置き去りにしない。
トップダウンで推し進めようとしない。リーダーさんからメンバーさんへと浸透していってもらう。

変化の場を提供するのは会社だけど、それを作ってゆくのは、みんなだから。
シンプルだけど、とにかく対話に徹することを心がけます。

現状を整理して、ひとつずつ、ひとつずつ

さて、そうしてゆくうちに課題がアレコレ出てくる。
リーダーさんにそのまま任せておけばよいこともあれば、自分が前面に出てゆかねばならないこともある。関係各所と調整すべきこともある。

課題が大きくとも、一気呵成に解決しようとしなくてヨシ。ひとつずつ、ひとつずつ。

Excelやパワポでカッコよくまとめて、進捗管理を行うのが得意な方もいますが、それを作る時間が勿体無い。
しかも、モノゴトを整理するのに、とにかく文字に起こして書きためる(終わったら線を引く)という「原始的な方法」が、私にとっては一番なのです。

思いついたらドンドン書く。打ち手も想定してみる。
ただ、実際に行ってみないことには分からないことも多い。

あまり策を弄しようとし過ぎずに、流れに乗ってゆくこともひとつです。

あ。そういえば忘れてた・・
「進捗をトップに報告する」そんなの、後回し後回し(笑)

今日の一言

「変化」を受け入れて進めてゆくのに、苦労も要るけれど。

ある意味「そこに山があるから」
だから、登れるのだー。

そうやってチャレンジしてみると、パワーも湧いてきます。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から832記事連続、毎日更新中。(2019年2月28日現在)→詳しいプロフィールはこちら