クライアントさんとの対話 あっちこっち調整して、話しがまとまったときは嬉しいものです

広告

クライアントさんとの対話。
うまくゆくときはよいですが、当然、お互いの状況が異なるゆえ、すり合わせや合意に時間がかかることもしばしばあります。

ここのところ、とあるクライアントさんの特有アプリを使用するのに、現有の設定だとうまく作動しないため、運用をどうするかで話し合いを進めていました。

システムにかかわる事項なので、社内のIT担当者に掛け合ってみるものの、イレギュラー対応にはなかなか首を縦に振ってくれません。
どうしても、セキュリティに関わる点の懸念がぬぐえない…というのがその理由。

なんとか対応できる策を提案してもらいましたが、かなりの費用がかかってしまう。

今度はクライアントさん側が、予算をにぎっているご担当者さんと掛け合ってくれます。
「その費用ではOKが出せない」とのこと。

困った、困ったーー。
お互いに頭を悩ませながら、さらに対話をしてゆきます。

再度、IT担当者のヘッドに直談判。
「かくかくしかじか、クライアントさんがお困りなので、なんとかお手伝いしたいのですが…」

最初は「この費用じゃないと、ダメダメ。下げられないからね。」と一蹴されそうになりましたが、
とにかく、営業担当者とともに粘る。ワタシタチがあまりにも鬼気迫っていた(笑)せいか、最後は折れてくれて費用の再調整をしてくれました。

とはいえ、劇的にお安くなった訳ではない。
再度、クライアントさんと対話をします。こういうときはメールでダラダラ書いても伝わらないので、電話をかけて直接お話する。

費用面も去ることながら、セキュリティ面でどうしても他の選択肢はおススメできない。
ついては、このお値段ではいかがでしょうか?

すると。

「いろいろとご調整をありがとうございました。では、見積書をください。」

やたっ!「見積書ください」っていうのは、ほぼオッケーのサイン♪

お互いの関係者とそれぞれ調整して、アーデモナイコーデモナイして、ようやくここに辿り着けたとき。
とても嬉しいものです。

あとは細かい点を整えてご注文いただき、最後は代金を頂戴する。
営業担当者氏、クロージングよろしくねー。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら