【リンツショコラブティック】訪問レポート 量り売り「 リンドール」がオススメ

広告

近所のショッピングモールに「リンツショコラブティック」がオープンしました。

高級チョコレート店でデパートや大手商業施設に店舗があるというイメージでしたが、身近な場所にお店ができるとは嬉しいものです。

お店の様子やオススメ商品の「量り売り・リンドール」、食べみた感想をご紹介します。

リンツショコラブティック お店の様子

お店に入ってみます。ちょうどハロウインの時期だったため、手前の目立つところにハロウイン商品の数々があって楽しい

お土産でよくいただくような箱入りも並んでいます

この板チョコもよく見かけます。カカオ度数90%ってどんな味なんだろう?

店舗中央に、色とりどりのチョコレートたち

いわゆる「量り売り」さっそく試してみることにしました。

オススメは量り売り「リンドール」

この量り売りは「リンドール」という商品で、定番だけでも20種類もあるそうです。

たくさんあって迷いますが、ミルク、キャラメル、アーモンド、ホワイトの4種類を2個ずつにしました。

重さは103g。これで税込み804円、1個あたり100.5円です。※2018年10月現在
別の機会に購入したときには、重さ104g、税込み812円(1個あたり101.5円)※2021年8月現在

持ち帰り時間は10分程度でしたが保冷剤をつけてくれます。さらに布袋でくるんでくれるので、シメシメせずにありがたい。

リンツといえば、このダークブラウンがイメージカラーです。

「リンドール」を食べてみた

直径3㎝ほどのボール状。店員さんが「一口でパクっと食べてくださいねー」と教えてくれたので、パクっとしてみる。

まろやかで味わい深いチョコレートが美味しい。硬さもちょうど良いです。

リンツチョコレートの歴史

リンツチョコレートは、スイスのプレミアムチョコレートブランド。

時は19世紀、場所はスイスのベルン。
菓子職人のロドルフ・リンツ氏が「硬くない、舌が喜ぶチョコレートを作りたい」との思いで発明したのが、リンツチョコレートのルーツとのこと。

ロドルフ・リンツが発明した口の中でとろけるチョコレートは、今もなお世界的に有名なスイスチョコレートのみならず、ヨーロッパの心臓部に位置するリンツチョコレートが生まれた小さな国、スイスが輩出した起業家の革新的・独創的な精神をも象徴しています。
ーリンツ(Lindt) ウェブページより引用

「リンツ氏の信念」がつまったチョコレートというのも、美味しさの秘密なのかもしれません。

リンツチョコレート日本での店舗展開

リンツのチョコレートは、ヨーロッパ土産でいただくもの…という印象がありましたが、日本での店舗展開は2010年6月に一号店となる「リンツ ショコラ カフェ」銀座店のオープンが始まり。

以来、「リンツショコラカフェ」「リンツショコラブティック」「リンツアウトレット」の3つの業態で全国に店舗が広がっています。

店舗情報はコチラ

最後にひとこと

最初にリンツチョコレートを食べたのは、遡ること30年くらい前の母がスイス旅行のお土産で買って帰ってきたとき。

そのときの味の印象はあまり覚えていませんが、身近なところにお店ができて、いつでも食べられるようになるとは思ってもみませんでした。

店舗以外に、オンラインショップもあります。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら