自宅の電気スイッチがいきなり壊れる 故障して初めて「パナソニックコスモスイッチ」という商品だと分かった

広告

数日前から、自宅トイレの電気スイッチの様子がおかしくなり‥とうとう、ピクリとも作動しなってしまった。

困って管理会社に相談したところ、メンテナンスサービスを教えてもらい対処ができました。
スイッチの名前は「パナソニックコスモスイッチ」

おそらく、どの家庭にもよくあるものだと思う。
今回は、そんなスイッチのお話です。

突然ピクリともしなくなった、電気スイッチ

突然ピクリともしなくなった電気スイッチ。息子がすでに就寝していたので、我が夫、貼り紙を試みる(笑)

我が家のトイレは廊下の途中にあり陽が差さないため、とにかく電気がつかないのはとっても困ります。

慌ててマンションの管理会社に連絡して、メンテナンスをお願いしました。
連絡してみると、幸いなことに当日夜すぐに修理に来てくださるとのこと。ありがたいなー。

パナソニックコスモスイッチ

ワタシの帰宅時間に合わせて、19時30分くらいに修理の方が来てくださいました。
「あーこれねー。寿命だね」

なんでも、我が家のスイッチは、パナソニックコスモスイッチという商品だということが判明。

何度も点けたり消したりすることによって、基盤(写真の黄色い箇所)が磨耗してしまうそうです。

トイレって、点けたり消したりが一番頻繁なのよねー。

作業時間は15分ほど。

換気扇が遅れてオフになるタイマー機能付きだそうで、少々費用がかかるよーと言われ。
費用は税込5,335円と相成りましたが、急遽来てもらえたし、良しとしよう。

※価格は、2018年10月現在

今日の一言

この家に住んで早12年。
アチコチ老朽化が出てくるもんだ。

たかがスイッチ、されどスイッチ。
他の箇所も不具合になることもきっとあるだろう。

そんな時に「パナソニックコスモスイッチ」と覚えておくと便利です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら