父の日に あらためて”人生の先輩”へ感謝です

広告

2018年は本日6月17日が父の日。

ワタシの父は現在87歳。ありがたいことに元気で過ごしています。

定年退職してしばらく後にPCを購入した父と、なにかのやりとりはもっぱらメール。

本体の調子が悪くなったり、プロバイダを変更したりとさまざま格闘しているようですが(時には電話サポートのオペレーターさんとやりあっちゃたり…笑)とりあえず、ネット検索とメールは無事に使えている様子。

年齢も年齢ゆえに、とくにほしいものが無い、といつも言っているので、誕生日や父の日には、いわゆる「ネットカード」のサービスを利用してメッセージを送っています。
昨日まで父の日だということにまったく気づかず、今朝Facebookを開いたら「今日は父の日です」と書いてあった!イカンイカン。
さきほどあわててカードを送りました。

ちなみに、母は86歳。父よりさらにパワフルで、趣味の芸事に飛び回っています。母も時々PCを使っているので、やはり何かの連絡はメール。

あらためて両親が健康で長生きしていることに感謝とともに、ふと、あることに気づきました。

ワタシの目指している100年ライフ、偉大な先輩方(笑)がこんな身近なところにいるじゃないか!

運動して趣味に没頭して時々旅に出たりパソコンもやってみたり。
昭和ヒトケタ生まれで戦争体験もしていて、”昭和の激動”を駆け抜けた世代。さまざま苦労もしているのだけれど、今はそんなふうに過ごして、とにかく楽しそうです。

ワタシもこの両親を目指して、楽しく長生きしよっとw
そんなことを思った父の日でした。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら