薬の処方箋を病院で受け取り忘れたとき 自宅近くの調剤薬局でも処方してもらえる方法

広告

「親知らず」の抜歯をしました。
詳しくはまた別記事で書きたいと思いますが、今回は薬の処方箋について。
病院で処方箋を受け取り忘れたときに、別の方法が取れるのだということを初めて知りました。
さっそくご紹介します。

初めての、処方箋受取方法

ワタシがお世話になったのは、開設してまだ数年の比較的新しい総合病院。
受付や会計の仕組みも、かなりシステム化されています。

ただ、そう頻繁に訪れている訳ではないので、よく分かっておらず。

手術後必要書類を渡されて会計に向かいます。
「あれ、処方箋が無いなー」と疑問に思っていたものの、
「今回、薬は出されないんだろう」と勝手に理解して病院を後にします。

すると、帰宅後しばらくしたら、病院から電話がかかってきました。
「処方箋を受け取られていないのですが」

へ?だって処方箋無かったですけど。と返すと、
「領収書の右端に引換券がついているのです」

そんなの、誰も説明してくれなかったし。
持ち帰った領収書を見てみると「引換券」があるわ‥。

確かに、抜歯後は鎮痛剤とか抗生剤とか出されるものだよな。
確認しなかった自分もいけなかったのかもしれないけど。
このような方法を取っている病院は初めての経験だったので、分かりませんでした。

しかし、自宅からのアクセスが不便なところにあって、抜歯後でタダでさえ少々フラついているのに、もう一度行くのはちょっと厳しい。
それを伝えると、別の方法を教えてくれました。

近所の調剤薬局で処方してもらえる

近所の調剤薬局に行って、事情を薬剤師さんに説明し、病院に電話をかけるように依頼する。
すると、病院からその薬局に、ワタシの処方箋をFAXしてくれて、それを元に処方をしてもらえるとのこと。

自宅から至近距離のところに、スーパー内で土日も遅い時間まで営業している薬局があるので、
早速行ってみました。

かくかくしかじか。
事情を伝えて、しばらく待ちます。

応対してくれた薬剤師さんがカウンターに戻って来られて、
「今病院と連絡取れましたよー。ただ、ちょっと時間がかかりそうです」と教えてくれました。

一旦帰宅し、その後買い物の折に無事、薬を受け取ることができた。

いつも、どこでも、この方法が取れるのかどうか‥専門的なことは分かりませんが、とにかく解決できて助かりました。

今日の一言

おそらく、その病院にとっては「領収書の右端に処方箋引換券がついている」というのは常識なのだと思います。
でも「一見さん」(笑)には分かりづらい。
そんな、ちょっと悶々とした出来事でしたが、近所スーパーの調剤薬局に助けてもらい、感謝です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

Follow me!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から993記事連続、毎日更新中。(2019年6月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら