何もかもテキトー おウチで焼き餃子_ワタシ流

家族が「餃子が食べたい」とつぶやいている。
なにかと手間がかかることもあるゆえ、平日に手作り餃子は少々ハードルが高いのですが、本日は休日。

せっかくなので今晩のオカズは餃子にしました。

ただし…なにかとめんどくさがりなワタシ(汗)何もかもテキトーにやっちゃいます。

手作り餃子 材料

豚のひき肉(量もテキトー)、キャベツ、ニラ、ネギ、餃子の皮。
我が家族、けっこう個数を食べるので、通常売っている皮1パック(30枚入り)だとチト足りないのですが、2パックだと多すぎるので、とりいそぎ1パックを買うとします。

いかんいかーん、ニンニクとショウガを買い忘れちゃったよー(泣)
ま、いっか。

手作り餃子 作り方

野菜を切って(本当はもっと細かいのがいいのでしょうが‥)
お肉、調味料、つなぎの片栗粉を混ぜて餡を作ります。量もみーんなテキトー。
ポイントは醤油とごま油。これは我が母直伝(と、いうほどのことではありませんが…笑)

材料をよくこね合わせるのが大事。
手にくっついちゃうと上手く混ぜられないので、ワタシは、スーパーでもらってくるビニールを二枚くらい重ねて手にかぶせて、輪ゴムで止めます。混ぜ終わったらそのまま裏返して捨てればよいので便利。

粘り気が出てきたら混ぜ混ぜ完了。

手作り餃子 成形とその他の準備

我が家では、餃子を成形するのは夫のお仕事。
食卓の上に新聞紙を敷いて行うのも、我が家流♪

夫がこしらえている間に、薬味のネギを切ったり、付け合わせを準備したり。
なんて粗雑な切り方なんだー(๑˃̵ᴗ˂̵)

いよいよ焼きます

成形が完了したら、フライパンに適量を並べて焼きます。最初は焼き目をつけるのにやや強火。

焼き目がついたら、水を注ぐ。この水量もテキトー。

その後、蓋をして中火で蒸し焼き。これはだいたい5分くらい。

こんな感じになってきたら、蓋を取って仕上げ。

再び強火にして、残りの水分を飛ばしたら完成。

何もかもテキトーだから、肉が余っちゃいました。
その場合は、ハンバーグ風に焼きます。これが意外に美味いのよーw

今日の一言

自宅で手作り餃子。いろいろ考えるとめんどくさくなっちゃうので、「何もかもテキトー」これが、チャレンジの秘訣(笑)

売っている餃子に比べて、具の目が粗くてみっしり詰まっているのも魅力です、と開き直るヾ(*´∀`*)ノ

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら