マルちゃん焼きそば 超手抜きクッキングだけれど、コツは「お酒&ソース量の調節」

休日の昼ごはんといえば、麺類が多い我が家。
「マルちゃん焼そば」は定番の1つです。

なにしろチョー手抜きなのがワタシのモットー(笑)それでも、ちょっとしたコツがあります。

キーワードは「お酒」と「ソース量の調節」
さっそくご紹介します。

マルちゃん焼きそば 手抜き材料

3人前入り粉末ソース付きで、近所スーパーで常時180円(税別)くらいで売られています。

付け合わせ材料は豚肉と野菜。
余裕があるときは家にある野菜を刻んで加えますが、今回は買ってきちゃいました。

コツその1 お酒

フライパンに豚肉を炒めます。

肉の色が変わってきたら、野菜をドバーッと投入。
塩コショウで下味をつけます。

その後麺を加えるのですが、コツその1。
説明書では「水を加えて麺をほぐす」となっていますが、水の代わりに料理酒を加えると、コクが増して、いい感じなのです♪

コツその2 粉末ソース量の調節

麺がほぐれてきたら、弱火にして粉末ソースを加える。
コツその2。塩コショウで下味をつけてあるので、3袋全部つかうと、ちょっと塩辛くなってしまいがち。
様子を見ながら適量に調節します。

大体、2〜2.5袋程度がオススメです。

いただきまーす

ソースが混ざったら出来上がり。

器に盛って、彩りに小ねぎを散らし、いただきまーす。

ちなみに我が家では「辣油」をかけて食べます。
アイキャッチの端っこに一緒に写しました(笑)

今日の一言

「マルちゃん焼きそば」は、1975年11月発売のロングセラー商品。

変わらぬ美味しさも嬉しいものです。

「ちょっとしたコツ」というほどでもないかもしれず‥ではありますが、よろしければご参考に。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら